2015年11月12日

[ミャンマー政権交代へ] スー・チー氏「私がすべてを決める」 権力集中の姿勢強める

[ミャンマー政権交代へ] スー・チー氏「私がすべてを決める」 権力集中の姿勢強める



【ミャンマー政権交代へ】
スー・チー氏「私がすべてを決める」 権力集中の姿勢強める
http://www.sankei.com/world/news/151111/wor1511110043-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/151111/wor1511110043-n2.html
2015.11.11 21:22

シンガポール=吉村英輝】ミャンマー総選挙で、アウン・サン・スー・チー氏(70)が率いる野党、国民民主連盟(NLD)は11日までの独自集計で、軍人枠を含めた国会全体で、政権交代可能な過半数を確保したと明らかにした。軍系の与党、連邦団結発展党(USDP)のテイン・セイン大統領は同日、報道官を通じてNLDに祝意を伝え、「民意と法に従い平和的に政権を移行する」と約束した。半世紀にわたる軍主導の政治に代わり、民主化を求めてきたスー・チー氏を中心とする政権が実現する見通しだ。

 ただ、スー・チー氏は10日、英BBC放送などのインタビューで、次期大統領は何の権限もないと明言。外国人の家族を持つ同氏は憲法の規定で大統領になれないから任命されるにすぎないとし、「私がすべてを決定する」と強調した。権力集中に固執する姿勢は批判される恐れもある。

 NLDの独自集計によると、下院で改選対象の82%に当たる271議席、上院で同80%に当たる135議席の獲得を確実にした。これによれば、両院で25%の議席を握る軍人枠を含め、下院(定数440議席)と上院(同224議席)で6割以上の議席を握る。

選管の途中開票結果でも、NLDが両院でそれぞれ9割近い改選議席を獲得。選管は11日、スー・チー氏が自身の下院選挙区で当選したと発表した。

 NLDの集計通りなら、同党は単独で大統領候補を擁立できる。3月末までに就任する新大統領は、議会に閣僚候補名簿を提出するなど、新政権発足で大きな権限を持つ。スー・チー氏の今後の課題は、国軍との協力関係構築だ。同氏は大統領や国軍総司令官、下院議長に書簡を送り、「国民和解」のため来週中の会談を要請した。


アウン・サン・スー・チー1.PNG



スー・チー氏は10日、英BBC放送などのインタビューで、次期大統領は何の権限もないと明言。
外国人の家族を持つ同氏は憲法の規定で大統領になれないから任命されるに過ぎないとし、「私がすべてを決定する」と強調した。
ミャンマーはテイン・セイン大統領の軍系の連邦団結発展党(USDP)でも、アウン・サン・スー・チー氏(70)が率いる国民民主連盟(NLD)でも独裁には変わりないように思います。
権力集中に固執する姿勢は批判される恐れがあります。




参考

[ミャンマー総選挙] スー・チー氏率いる野党が第一党へ 政権交代に自信
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/429386740.html
ラベル:ミャンマー
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック