2015年10月27日

国連難民高等弁務官が日本に支援要請へ

国連難民高等弁務官が日本に支援要請へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151026/k10010282321000.html
10月26日 0時33分

内戦が続くシリアなどからヨーロッパに押し寄せる難民への対応が課題となるなか、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグテーレス高等弁務官が、来月日本を訪れ、より多くの難民の受け入れなど、日本政府に対して積極的な支援を求めることが分かりました。
関係者によりますと、難民支援を行っているUNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグテーレス高等弁務官が来月下旬、日本を訪れ、政府高官などと面会する方向で調整しているということです。
日本政府は、内戦が続くシリアなどの中東や、ネパールなどのアジア諸国から去年1年でおよそ5000人の難民申請を受け付けましたが、認定したのは11人にとどまっていて、受け入れに消極的だと指摘されています。
このためグテーレス高等弁務官は、シリアなどから大勢の難民がヨーロッパに押し寄せている事態を踏まえ、より多くの難民の受け入れなど、日本政府に対して積極的な支援を求めるということです。
また、グテーレス高等弁務官は、日本に逃れてきた難民を積極的に雇用している大手衣料品チェーンの「ユニクロ」を運営する「ファーストリテイリング」の柳井正会長兼社長とも面会する予定です。このなかでは、使われなくなった服を回収して世界の難民に届ける活動など、これまでの支援を続けてほしいと要望することにしています。


UNHCRグテーレス高等弁務官.PNG



内戦が続くシリアなどからヨーロッパに押し寄せる難民への対応が課題となる中、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグテーレス高等弁務官が、来月日本を訪れ、より多くの難民の受け入れなど、日本政府に対して積極的な支援を求めることが分かった。
日本はシリア難民を受け入れろと国連です。
ラベル:シリア
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック