2015年10月16日

強姦事件の再審、男性に無罪判決…大阪地裁

強姦事件の再審、男性に無罪判決…大阪地裁
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151016-OYT1T50055.html?from=ytop_main2
2015年10月16日 15時00分

強姦罪などで実刑判決が確定して服役中、被害証言がうそと判明して釈放された70歳代男性の再審で、大阪地裁(芦高源裁判長)は16日、無罪判決を言い渡した。

 男性は、2004、08年に大阪市内で当時10歳代の同じ女性に性的暴行を加えたなどとして強姦、強制わいせつ両罪で起訴された。捜査段階から否認したが、1審・大阪地裁は09年、女性と目撃者の証言などから懲役12年の判決を言い渡し、最高裁で確定した。

 しかし、服役中の14年、女性と、目撃者とされた女性の兄が男性の弁護人に対し、被害証言はうそだったと認め、男性は同年9月に再審請求した。大阪地検の再捜査で、「性的被害の痕跡がない」とする診療記録も見つかり、地検は同11月、男性の刑の執行を停止し、釈放した。

 男性の勾留と服役は計約6年に及び、今年8月に始まった再審では、検察側が「無罪判決が相当」と論告し、謝罪していた。




強姦罪などで実刑判決が確定して服役中、被害証言がうそと判明して釈放された70歳代男性の再審で、大阪地裁(芦高源裁判長)は16日、無罪判決を言い渡した。
男性の勾留と服役は計約6年に及び、今年8月に始まった再審では、検察側が「無罪判決が相当」と論告し、謝罪していた。
同じことを繰り返さない為に、一審・控訴審・上告審判決を全て公表して総括すべきです。
ラベル:大阪地裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック