2015年10月14日

ユネスコ分担金「停止を」…自民外交部会が決議

ユネスコ分担金「停止を」…自民外交部会が決議
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151014-OYT1T50077.html?from=ytop_ylist
2015年10月14日 13時24分

自民党外交部会などは14日午前の合同会議で、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)が「南京大虐殺の文書」を世界記憶遺産に登録した問題について議論し、ユネスコへの分担金の停止などを求める決議を採択した。

 決議では、中国が登録を申請したことについて「国際機関の政治利用で、断じて容認できない」と批判。ユネスコの対応についても、「中国側の一方的な主張に基づく申請を我が国の意見を聞くことなく登録したことに強く抗議する」とした。

 そのうえで、〈1〉ユネスコに登録撤回を提案する〈2〉世界記憶遺産制度の改善を働きかける〈3〉分担金や拠出金の支払いを停止するなど、ユネスコとの関係を早急に見直す――ことを政府に求めた。




自民党外交部会などは14日午前の合同会議で、ユネスコが「南京大虐殺の文書」を世界記憶遺産に登録した問題について議論し、ユネスコへの分担金の停止などを求める決議を採択した。
ユネスコへの分担金の停止で良いです。
国民の声です。
来年以降は、慰安婦が記憶遺産に登録される恐れがあります。



自民党合同会議にて ユネスコへの分担金停止の意見が出る




関連

ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/427557289.html
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック