2015年10月07日

ノーベル化学賞に米英の3氏 DNA修復機構を解明 日本人3日連続ならず

ノーベル化学賞に米英の3氏 DNA修復機構を解明 日本人3日連続ならず

ノーベル化学賞に米英の3氏 DNA修復機構を解明 日本人3日連続ならず
http://www.sankei.com/life/news/151007/lif1510070039-n1.html
2015.10.7 19:55

スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2015年のノーベル化学賞を、細胞内のDNA修復機構の研究で成果を挙げた英国のトーマス・リンダール氏と米国の2氏の計3人に授与すると発表した。新しいがん治療法の開発につながっている。

 授賞理由は「DNAの修復メカニズムの研究」。日本人の3日連続の受賞はならなかった。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約1億2千万円)を3氏で等分する。(共同)


ノーベル化学賞に米英の3氏.PNG



スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2015年のノーベル化学賞を、細胞内のDNA修復機構の研究で成果を挙げた英国のトーマス・リンダール氏と米国の2氏の計3人に授与すると発表した。
新しいがん治療法の開発に繋がっている。
日本人が3日連続ならずに残念ですが、3日連続の受賞には普通ないでしょう。
あとは、村上春樹が文学賞を受賞するか、憲法9条が平和賞を受賞するかどうか。
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック