2015年10月04日

医薬品、なお埋めるべき差=「ゲームやめ誠実な対応を」−甘利担当相

医薬品、なお埋めるべき差=「ゲームやめ誠実な対応を」−甘利担当相
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015100400094

【アトランタ時事】環太平洋連携協定(TPP)交渉に出席している甘利明TPP担当相は3日夜(日本時間4日午後)、残された課題のうち、バイオ医薬品のデータ保護期間について「埋めるべき差が残っているが、(米国とオーストラリアが)精力的に交渉を行うことを確認した」と述べた。3日夜の全体討議終了後に記者団の取材に応じた。
 甘利氏は、難航している乳製品の市場開放についても「米国とニュージーランドが精力的に交渉を続けている」と指摘。「全体討議は最終段階にあるため、ゲームはやめて誠実な対応で交渉すべきだと呼び掛けた」と話し、今後の交渉結果を踏まえ、4日午後に再び全体討議が開かれるとの見通しを示した。(2015/10/04-14:34)


甘利明・アトランタ.PNG



TPP交渉に出席している甘利TPP担当相は3日夜(日本時間4日午後)、残された課題のうち、バイオ医薬品のデータ保護期間について「埋めるべき差が残っているが、(米国とオーストラリアが)精力的に交渉を行うことを確認した」と述べた。
日米の1%の側にのみ忠実な甘利さん。
元々ゲームでしょう。
結局、日本も含めた各国、己の損得の問題なのですから。
如何に得を勝ち取るかのゲームです。
何としてもTPP合意をする気でいますね。


ラベル:甘利明
【関連する記事】
posted by hazuki at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック