2015年10月02日

維新の党、繰り上げ当選予定者が移籍否定の誓約書

維新の党、繰り上げ当選予定者が移籍否定の誓約書

維新、繰り上げ当選予定者が移籍否定の誓約書
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20151002-OYT1T50012.html?from=ytop_ylist
2015年10月02日 12時01分

11月22日投開票の大阪市長選に立候補を予定している維新の党の吉村洋文衆院議員(比例近畿ブロック)は1日、大島衆院議長あてに議員辞職願を提出し、許可された。

 維新の離党届も執行部に提出した。2014年衆院選の比例選名簿に従って、次点の椎木保氏が繰り上げ当選となる予定だ。

 椎木氏は先の衆院選で大阪2区から出馬し、落選。このため、維新執行部は橋下徹大阪市長が旗揚げする新党「おおさか維新の会」に移籍する可能性を危惧し、一時は比例選名簿から抹消することも検討したが、最終的に椎木氏が移籍しない旨を記した誓約書を執行部に提出し、決着した。




吉村洋文衆院議員は1日、大島衆院議長あてに議員辞職願を提出し、許可された。
椎木保氏が繰り上げ当選となる予定。
椎木氏がおおさか維新の会に移籍しない旨を記した誓約書を執行部に提出。
無理矢理に引き止める松野維新は何でもありですね。
松野らは野党再編して民主党とくっ付くのでしょう。
繰り上げ当選予定者が気の毒です。



橋下徹が椎木候補者を公開処刑【維新の党】
ラベル:維新の党
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック