2015年09月30日

ドイツ経済にとどまらない…VW発「世界恐慌」の深刻危機

ドイツ経済にとどまらない…VW発「世界恐慌」の深刻危機

ドイツ経済にとどまらない…VW発「世界恐慌」の深刻危機
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164571
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164571/2
2015年9月29日

フォルクスワーゲン(VW)の不祥事は、一企業の失墜だけでは収まりそうにない。EUの優等生であるドイツ経済に深刻なダメージを与えるだけでなく、「VW発の世界不況」まで懸念され始めている。

 今年1〜6月期にトヨタ自動車を抜き去って世界販売台数トップになったVW。ドイツ最大の民間企業であり、国内雇用の1.5%を占めるマンモスカンパニーだ。

 経済ジャーナリストの井上久男氏はこう言う。

「VWがドイツ語で国民車を表すように、あらゆる面でドイツ経済を支えています。そのVWは、ただでさえ純利益の半分を稼ぎ出してきた中国市場が落ち込み始め、好調だったブラジルや南米などの新興国でも雲行きが怪しくなっていた。そこに、経営を揺るがしかねない大問題が起きたんですから、まさに泣きっ面にハチ。労働組合が強いとはいえ、リストラが避けられない状況になるでしょう。そうなれば、ドイツにとってはギリシャ危機以上の打撃です」

ドイツも自動車産業の裾野が広い。自動車関連の輸出額はドイツ全体の5分の1にあたる約2904億ドル(約35兆円)にのぼり、全労働者の7人に1人がクルマ関係の仕事に就いている。VWがコケれば、ドイツ経済はメタメタ。EU全体のGDPを21%も生み出しているドイツが不況に陥ったら、欧州経済もムチャクチャになる。

 経済評論家の斎藤満氏はこう言う。

「欧州経済を牽引しているドイツは、ひとり勝ちしてきたのが実態です。そのドイツ経済が苦境に陥れば、欧州全体に深刻な影響を及ぼすのは避けられません。VWショックで、日本の部品メーカーの株価も下げている。ディーゼル車が欧米ほど普及していない日本も無傷ではいられません。世界的な金融緩和も曲がり角にきていますし、ドイツが力を失えば世界経済もタダでは済まないでしょう」

 まさかのドイツから不況が忍び寄ってきている。


VWのウィンターコルン会長.PNG



フォルクスワーゲン(VW)の不祥事は、一企業の失墜だけでは収まりそうにない。
EUの優等生であるドイツ経済に深刻なダメージを与えるだけでなく、「VW発の世界不況」まで懸念され始めている。
「VWがドイツ語で国民車を表すように、あらゆる面でドイツ経済を支えています。」(経済ジャーナリスト)
ラベル:ドイツ
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック