2015年09月29日

[国連総会] 朴槿恵酋長、慰安婦問題の解決迫る 「性暴力は時期、場所問わず人道に反す」 安保法制にも懸念

[国連総会] 朴槿恵酋長、慰安婦問題の解決迫る 「性暴力は時期、場所問わず人道に反す」 安保法制にも懸念



【国連総会】
朴槿恵大統領、慰安婦問題の解決迫る 「性暴力は時期、場所問わず人道に反す」 安保法制にも懸念
http://www.sankei.com/world/news/150929/wor1509290013-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150929/wor1509290013-n2.html
2015.9.29 08:54

【ニューヨーク=黒沢潤】韓国の朴槿恵大統領は28日、国連総会の一般討論演説で慰安婦問題や日本の安全保障関連法に言及、日本政府に的確な対応を求めた。

 朴氏は慰安婦問題に関し、「紛争時の女性に対する性暴力は、時期と場所を問わず人道に反すると昨年も強く訴えた」と強調。

 紛争時の女性への性暴力に特別な注意を払うよう求めた国連安全保障理事会決議の採択から今年が15年の節目にあたると指摘した上で、「第二次世界大戦中、野蛮な性暴力を受けた存命の犠牲者は少なくなっている。彼女たちの心を癒やす早期の解決が必要である」と日本政府に訴えた。

 朴氏は安保関連法について、「平和と安定、地域の友好関係を維持しつつ、透明性を持って運用されなければならない」と強調。

 また、こうした動きは「北東アジア地域の秩序に重大な作用を及ぼしかねない」とし、周辺国家が懸念を持ちつつ見守っていると指摘した。

北朝鮮が最近、長距離弾道ミサイル発射実験の実施を示唆していることについては、「安保理決議違反となる公然の挑発だ」と強く反発。核問題をめぐる6カ国協議再開を妨げることにもなると批判した。

 一方、北朝鮮が「核の野心」を放棄し、協調の道を選ぶなら、「韓国は国際社会とともに北朝鮮の経済発展と、住民の生活向上のために積極的に支援する」と強調した。


朴クネ・国連.PNG



朴クネの父、朴正熙が在韓米軍用の慰安所を運営していたという事実と向き合うならば、慰安婦問題を国連で訴えることは出来ない。
韓国がベトナム戦争の時、ベトナム大虐殺を行った韓国軍の蛮行こそ人道に反する。
韓国軍が強姦、殺害したベトナム女性とライダイハンに謝罪と賠償をすべきです。




関連

[ベトナム戦争] 韓国の隠蔽したい過去 不都合な真実(戦争犯罪)が これでもかと噴出!(大日本速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426541894.html
ラベル:朴槿恵
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック