2015年09月29日

第一中央汽船が経営破綻 中国減速で再生法申請 上場廃止決定へ

第一中央汽船が経営破綻 中国減速で再生法申請 上場廃止決定へ
http://www.sankei.com/economy/news/150929/ecn1509290010-n1.html
2015.9.29 12:59

東証1部上場の中堅海運会社「第一中央汽船」は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。中国経済の減速などを背景に外航海運市況が低迷。経営状況の悪化に歯止めがかからず、自力での経営再建を断念した。

 関係者によると、第一中央汽船は国内で連結売上高5位の海運会社。石炭や鉄鉱石をばら積み船で運ぶ事業を主力としている。最終損益は2015年3月期連結決算まで4年連続で赤字を計上。16年3月期も130億円の赤字を見込んでいた。

     ◇

 東京証券取引所は29日、第一中央汽船が民事再生手続き開始の申し立てを行ったのを受け、同社株式の上場廃止を決定し、整理銘柄に指定すると発表した。

 整理銘柄の指定期間は9月29日から10月29日まで。10月30日に上場廃止となる。




東証1部上場の中堅海運会社「第一中央汽船」は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。
中国経済の減速などを背景に外航海運市況が低迷。
経営状況の悪化に歯止めがかからず、自力での経営再建を断念した。
帝国データバンク大型倒産速報のトップです。



帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/index.html

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4092.html
2015/09/29(火) 海運業者としては過去2番目の大型倒産
負債総額は今年最大、東証1部上場
第一中央汽船株式会社など2社
民事再生法の適用を申請
負債1764億6700万円

TDB企業コード:985402836
「東京」 第一中央汽船(株)(資本金289億5841万150円、中央区新富2-14-4、代表藥師寺正和氏ほか1名、従業員154名)は、9月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は福岡真之介弁護士(東京都港区赤坂1-12-32、西村あさひ法律事務所、電話03-5562-8500)ほか。監督委員は宮川勝之弁護士(東京都千代田区丸の内3-3-1、東京丸の内法律事務所、電話03-3213-1081)。

 当社は、1933年(昭和8年)9月設立の第一汽船(株)と42年(昭和17年)5月設立の中央汽船(株)が対等合併し、60年(昭和35年)10月に新設会社として発足。同年12月に東証1部上場を果たした。鉱石や石炭、ボーキサイト、ニッケル鉱石を中心に木材や穀物等の撒積貨物、鉄鋼製品、原油などを扱い、外航不定期航路部門では大手に位置づけられていた。日本と中国の外航定期航路と内航不定期航路を加えた内外航海上輸送を行い、多種多様な輸送貨物に対応。住友系企業が上位株主に名を連ね、同グループ系企業を主な顧客としていた。新興国の成長や鉄鉱石・石炭など撒積貨物の荷動きが活発だったことで好調な運航が続き、世界的に船舶量が増加するなか、2008年3月期の年収入高は約1666億2700万円を計上していた。

 しかし、リーマン・ショック後の受注減少、燃料費の高騰、円高の影響等で経営状態が急速に悪化。2010年3月期の年収入高は約1007億7100万円に減少する一方、運航隻数(グループ)は161隻に増加していた。その後は円安進行による円換算での業績押し上げもあり、2013年3月期の年収入高は約1292億4600万円に持ち直すなか、所有船の売却や運航費の圧縮などを進めていたが、為替変動や燃料高に加え、保有船舶の減損損失や造船契約の解約金等の特別損失を計上したため、約323億100万円の当期純損失を計上。筆頭株主の(株)商船三井(東証1部)が増資に応じるほか、投資ファンドなど複数の支援を得て再建を進めていた。

 他方、2006年12月に中国企業より傭船した船舶が座礁し、全損になった事故の損害賠償責任を巡り、2013年7月に英国高等法院より第一審判決にて1億6660万ドルの支払いを命ずる判決が出されていた(その後、2015年1月の第二審判決では賠償責任がなくなり勝訴)。そうしたなか、市況の悪化により2015年3月期は年収入高約1237億9000万円に対し、当期純損失約26億6000万円を計上。4期連続の最終赤字となるなか、運航隻数は172隻に増加するなど、過年度の設備投資負担が経営を圧迫、ここに来て民事再生法による再建を目指すこととなった。

 また、当社100%子会社のSTAR BULK CARRIER CO.,S.A.(パナマ共和国)も同日、民事再生法の適用を申請した。

 負債は2015年6月末時点で第一中央汽船(株)が約1196億800万円、STAR BULK CARRIER CO.,S.A.が約568億5900万円で、2社合計で約1764億6700万円だが、今後の民事再生手続きにおいて増加する可能性がある。

 なお、2015年の上場企業倒産は江守グループホールディングス(株)(4月民事再生法、東証1部、負債711億円)に次いで3社目で、同社を抜いて負債総額は今年最大。また、海運業者の倒産としては三光汽船(株)(1985年8月会社更生法、負債5200億円)に次いで過去2番目となる。



大型倒産速報
http://www.tdb.co.jp/tosan/jouhou.html
2015/09/29

第一中央汽船株式会社など2社(海運業者としては過去2番目の大型倒産 負債総額は今年最大、東証1部上場 東京都中央区)民事再生法の適用を申請

2015/09/18

株式会社ティオテクノ(特殊フィルム、光触媒溶液等の開発・製造 佐賀県小城市)事業停止、自己破産申請へ

2015/09/16

ヴィンテージリゾート株式会社(ゴルフ場経営 山梨県北杜市)破産手続き開始決定受ける

2015/09/16

株式会社さのやなど3社(食肉販売 京都府京都市左京区)破産手続き開始決定受ける

2015/09/15

協和産業株式会社(工業薬品卸 大阪府吹田市)自己破産申請

2015/09/14

株式会社オズ(「リング」「らせん」「呪怨」 などを手がけた映画製作会社 東京都江東区)破産手続き開始決定受ける

2015/09/09

ストロングサトウ株式会社(ラーメン店経営 「TVチャンピオン」で有名な人気店 「赤坂ラーメン」を創業 東京都港区)破産手続き開始決定受ける

2015/09/07

スカイゲイト株式会社(エステサロン経営 続報 神奈川県横浜市西区)民事再生手続き廃止決定受ける

2015/09/02

インプルーブ株式会社(旧:中小企業再生機構)(人材派遣 日本振興銀行関連企業倒産 東京都豊島区)特別清算開始決定受ける

2015/08/25

スカイゲイト株式会社(エステサロン経営 神奈川県横浜市西区)民事再生法の適用を申請

2015/08/21

株式会社不二屋ビルデング(ビル賃貸 東京都港区)民事再生法の適用を申請

2015/08/12

名阪ワシントンクラブ株式会社など2社(ゴルフ場関連事業 三重県津市)破産手続き開始決定受ける

2015/08/03

宮古島マリンターミナル株式会社(元・不動産賃貸 第三セクター 沖縄県宮古島市)特別清算開始決定受ける
ラベル:第一中央汽船
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック