2015年09月29日

甘利TPP担当相「何としても大筋合意に導く」

甘利TPP担当相「何としても大筋合意に導く」



甘利TPP担当相「何としても大筋合意に導く」
http://www.sankei.com/economy/news/150929/ecn1509290009-n1.html
2015.9.29 10:38

米アトランタで30日から開かれる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合に出席する甘利明TPP担当相は29日午前、出発前に成田空港で記者団の取材に応じ、「いよいよ最後にしなければならない会合が始まる。日本としても、粘り強い交渉の中で、何としても大筋合意に導くべく、最大限、努力したい」と強調した。

 また、議長国の米国に対しては「(議長国としての)技量と度量を発揮してもらいたい」と、解決に向けたリーダーシップを示すよう注文をつけた。

 閣僚会合に先立ち、日米など交渉参加12カ国が26日から開いている事務レベルの首席交渉官会合に関しては、「各国の意見の乖離(かいり)は少しずつ埋まりつつある。閣僚会合の前に解決するか、できるだけ間合いを縮めたいという思いで努力中だ」と述べた。

 首席交渉官会合は29日までの4日間の日程で、知的財産や原産地規則など、未解決の難航分野について話し合っている。日本は乳製品を含む農産物などの市場開放をめぐり、ニュージーランドや米国などとの個別協議も続けている。


甘利明2.PNG



甘利TPP担当相は29日午前、出発前に成田空港で記者団の取材に応じ、「いよいよ最後にしなければならない会合が始まる。日本としても、粘り強い交渉の中で、何としても大筋合意に導くべく、最大限、努力したい」と強調した。
首席交渉官会合は29日までの4日間の日程で、知的財産や原産地規則など、未解決の難航分野について話し合っている。
TPPは大筋合意する必要はない。
ISD条項の導入に合意しているので、TPPは漂流してしまえば良い。
ラベル:甘利明
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック