2015年09月25日

ローマ法王が米議会で初の演説 難民問題への取り組み求める

ローマ法王が米議会で初の演説 難民問題への取り組み求める



ローマ法王が米議会で初の演説 難民問題への取り組み求める
http://www.sankei.com/world/news/150925/wor1509250027-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150925/wor1509250027-n2.html
2015.9.25 12:51

【ワシントン=加納宏幸】ローマ法王フランシスコは24日、米議会の上下両院合同会議で演説し、難民や移民に対する人道的で公正な扱いを求めた。欧州への難民流入問題を念頭に「世界は第二次大戦以来、経験したことのない難民危機に直面している」との認識を示した。ローマ法王による米議会での演説は初めて。

 法王は自らもアルゼンチンのイタリア系移民の息子であることを強調し、「皆さんの多くも移民の子孫だ」と指摘した。その上で「敵意のある見方を退けてほしい」と訴えた。

 シリアからの難民問題を引き起こしているイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」を念頭に、法王は「神や宗教の名によって犯される暴力的な紛争、憎悪、残虐行為が増えている」とし、過激主義や原理主義に警戒を怠らないよう呼び掛けた。

 また、法王は死刑制度の廃止を訴えた。人工妊娠中絶や安楽死に関しては、「全ての段階で人間の生命を守る責任がある」と述べた。さらに、気候変動問題への取り組みを求めた。

 法王は、議会演説を招請したカトリック信者のベイナー下院議長(共和党)、同じくカトリック信者で上院議長を兼ねるバイデン副大統領(民主党)が見守る中、約50分にわたって英語で演説した。

野党・共和党は2016年の次期大統領選を前に、候補指名争いで首位に立つ不動産王のドナルド・トランプ氏がメキシコからの不法移民を「強姦犯」と呼ぶなど、不法移民に寛容な姿勢を示すオバマ政権との対決姿勢を強めている。候補の多くは米世論を二分する人工妊娠中絶、気候変動対策などで慎重姿勢を取っている。

 法王は演説で善悪二元論を戒めるとともに「2つの陣営に分裂させるような二極化に立ち向かうことが求められている」と訴えた。


イルミナティのサインをするフランシスコ法王.PNG
画像の出典: illuminatielitemaldita (イルミナティのサインをするフランシスコ法王)



ローマ法王フランシスコは24日、米議会の上下両院合同会議で演説し、難民や移民に対する人道的で公正な扱いを求めた。
欧州への難民流入問題を念頭に「世界は第二次大戦以来、経験したことのない難民危機に直面している」との認識を示した。



Proof that Obama and Francis were Prechosen by the illuminati




参考

[ローマ法王訪米] 「移民受け入れ恐れてはならない」 全米司教ら前に演説、性的虐待防止も訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426625787.html

[毎日ほか]フランシスコ法王「原発はバベルの塔」と発言 〜 銀河連邦の指示に忠実に動いていた人物
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426465954.html
ラベル:ローマ法王
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック