2015年09月24日

[ローマ法王訪米] 「移民受け入れ恐れてはならない」 全米司教ら前に演説、性的虐待防止も訴え

[ローマ法王訪米] 「移民受け入れ恐れてはならない」 全米司教ら前に演説、性的虐待防止も訴え



【法王訪米】
「移民受け入れ恐れてはならない」 全米司教ら前に演説、性的虐待防止も訴え
http://www.sankei.com/world/news/150924/wor1509240029-n1.html
2015.9.24 10:50

【ワシントン=加納宏幸】ローマ法王フランシスコは23日、米首都ワシントンの聖マタイ大聖堂で全米の司教らを前に演説し、移民が「米国や教会を豊かにした」とし、米国に迎えることを恐れてはならないと訴えた。難民や移民の受け入れ問題は、米大統領選でも争点になっている。

 法王はまた、カトリック聖職者による未成年者への性的虐待が世界各地で問題になっていることを挙げて、再発防止を促した。さらに、人工妊娠中絶による中絶胎児を「罪のない犠牲者」と呼んだ。

 これに先立ち、法王はホワイトハウスでオバマ米大統領と会談し、難民・移民問題、貧困対策、気候変動問題への取り組みなどについて話し合った。法王は会談後、ワシントン中心部を車でパレードし、多くの市民が駆けつけた。ワシントンの教会で米国で最初のミサも執り行った。


イルミナティのサインをするフランシスコ法王.PNG
画像の出典: illuminatielitemaldita (イルミナティのサインをするフランシスコ法王)



ローマ法王フランシスコは23日、米首都ワシントンの聖マタイ大聖堂で全米の司教らを前に演説し、移民が「米国や教会を豊かにした」とし、米国に迎えることを恐れてはならないと訴えた。
法王はまた、カトリック聖職者による未成年者への性的虐待が世界各地で問題になっていることを挙げて、再発防止を促した。
更に、人工妊娠中絶による中絶胎児を「罪のない犠牲者」と呼んだ。
オバマとの会談で、ローマ法王が何と発言したのか知りたいですね。



米大統領、ローマ法王の支援に謝意 キューバとの国交回復で
http://www.sankei.com/world/news/150924/wor1509240005-n1.html
2015.9.24 00:02



Proof that Obama and Francis were Prechosen by the illuminati




参考

[毎日ほか]フランシスコ法王「原発はバベルの塔」と発言 〜 銀河連邦の指示に忠実に動いていた人物
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426465954.html
ラベル:ローマ法王
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック