2015年09月18日

イグ・ノーベル賞、今年も日本人が受賞 「キスの効用」実証

イグ・ノーベル賞、今年も日本人が受賞 「キスの効用」実証
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2592170.html

あの「イグ・ノーベル賞」を、日本人の医師が受賞しました。

 「イグ・ノーベル賞」は、「人を笑わせ、そして考えさせる研究」に贈られる賞で、今年は、「キスをすることで皮膚のアレルギー反応が低減すること」を実証した大阪の医師・木俣肇さんが受賞しました。

 式に出席しなかった木俣さんは、ビデオメッセージで次のように語りました。

 「皆さんがキスの新しい効果を理解してくれることを願います」(木俣 肇さん)

 木俣さんは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎の患者に恋人や配偶者と30分間、自由にキスをしてもらう実験を実施。キスの前後でアレルギー反応の強度を調べた結果、キスの後には、ダニなどに対する皮膚のアレルギー反応に改善傾向がみられました。

 「イグ・ノーベル賞」の日本人の受賞は9年連続です。(18日12:38)




イグ・ノーベル賞を、日本人の医師・木俣肇さん(62)が受賞しました。
式に出席しなかった木俣さんは、ビデオメッセージで次のように語りました。
「皆さんがキスの新しい効果を理解してくれることを願います」
木俣肇さんは、恋人とキスでアレルギー低減と実証した。



イグ・ノーベル賞:恋人とキスでアレルギー低減 日本人医師受賞
http://mainichi.jp/shimen/news/20150918dde007040046000c.html
毎日新聞 2015年09月18日 東京夕刊



イグ・ノーベル賞、今年も日本人が受賞 「キスの効用」実証
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック