2015年09月15日

ハイチでブードゥー教最高指導者死去

ハイチでブードゥー教最高指導者死去



ハイチでブードゥー教最高指導者死去
http://www.afpbb.com/articles/-/3060147
2015年09月13日 16:41 発信地:ポルトープランス/ハイチ

【9月13日 AFP】中米ハイチの首都ポルトープランス(Port-au-Prince)で12日、ブードゥー教のマックス・ゲスナー・ボーボワール(Max Gesner Beauvoir)最高指導者が死去した。79歳。親族が明らかにした。

生化学者でもあるボーボワール氏は2008年、ブードゥー教信者を精神的に導く「最高指導者」に任命された。この職位は、ハイチの伝統的な宗教であるブードゥー教を、増加するキリスト教プロテスタント教会や福音主義者らの攻撃から守るために作られた。

2010年には、キリスト教右派の米テレビ伝道師パット・ロバートソン(Pat Robertson)師が、同年ハイチで発生し20万人以上の死者が出た大地震について、フランスの植民地支配から独立するために1804年に「悪魔と契約」を交わしたハイチ人に対する神罰だと発言し物議を醸した。

ボーボワール氏は、ブードゥー教の否定的な既成概念との戦いや外国人にブードゥー教についての説明に奔走し、重要な宗教行事の際にブードゥー教寺院の一般公開も行った。(c)AFP




中米ハイチの首都ポルトープランスで12日、ブードゥー教のマックス・ゲスナー・ボーボワール最高指導者が死去した。
79歳。
親族が明らかにした。
ボーボワール氏は、ブードゥー教の否定的な既成概念との戦いや外国人にブードゥー教についての説明に奔走し、重要な宗教行事の際にブードゥー教寺院の一般公開も行った。
ラベル:ハイチ
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック