2015年09月13日

鬼怒川氾濫の“犯人”にされた会社「うちが原因ではない」

鬼怒川氾濫の“犯人”にされた会社「うちが原因ではない」
http://www.hochi.co.jp/topics/20150913-OHT1T50034.html
2015年9月13日5時0分 スポーツ報知

関東・東北水害における茨城県鬼怒川の氾濫で、堤防のない常総市若宮戸地区について丘陵部を掘削して太陽光発電のソーラーパネルを設置したのが原因と報じられていることに関し12日、千葉県内の民間事業者が自社のホームページで見解を明らかにした。

 この会社は、10日に鬼怒川が氾濫した際にインターネット上などで社名を挙げられ、水害が拡大する要因を作ったとされた。だが、同社がパネルを設置した場所は、自然堤防として機能していた通称「十一面山」と呼ばれる丘陵部よりも川面に近い側であると主張。もともと平らな状態の土地で、丘陵を削った事実はないとしている。

 その上で、丘陵を切り崩したのは、この会社のすぐ隣の土地を所有する別のメガソーラー事業者であるとも指摘。この事業者とは取引関係が一切なく「川沿いにあった自然堤防を弊社が事業用地の開発のために切り崩したことから起こったとする事実とは異なる情報が散見される」と訴えている。

 若宮戸地区は昨年3月に太陽光発電事業を行うため、丘陵部の幅約150メートル、高さ2メートル部分が削られた。その後、国と協議した上で、当該部分には土のうが積まれた。11日には、同県坂東市の吉原英一市長が政府調査団に対し「常総市の一部で起きた氾濫は、民間業者が採掘したことが招いた」と話していた。


増水した鬼怒川が決壊.PNG



関東・東北水害における茨城県鬼怒川の氾濫で、堤防のない常総市若宮戸地区について丘陵部を掘削して太陽光発電のソーラーパネルを設置したのが原因と報じられていることに関し12日、千葉県内の民間事業者が自社のHPで見解を明らかにした。
丘陵を切り崩したのは、この会社のすぐ隣の土地を所有する別のメガソーラー事業者であるとも指摘。
堤防を削ったのが悪かった人災だと思いますが、ソーラーパネルを設置した業者を責める気にはならないです。




鬼怒川の氾濫、ソーラーパネル設置で丘が削り取られていた場所からも
http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/10/kinugawa-solar_n_8115002.html
The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom 投稿日: 2015年09月10日 19時49分 JST




参考

[鬼怒川決壊] ソーラーパネル設置が影響の“人災”か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426002677.html

[鬼怒川決壊] 陸自隊員が明かす救出劇 胸まで水につかり不眠無休で活動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425757591.html

鬼怒川決壊で自衛隊がとった瞬時の判断が素晴らしすぎたと全国民が絶賛
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425734105.html

[栃木、茨城大雨] 自衛官480人を派遣 ヘリやボートで404人を救助
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425711267.html

[鬼怒川決壊] 大雨でTwitterに救助求める書き込みが相次ぐ「水がどんどん入ってくる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425684861.html




関連

常総市の鬼怒川が決壊しても平気のヘーベルハウスの白い家が凄い
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425686387.html
ラベル:災害
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック