2015年09月11日

スポーツ庁初代長官に鈴木大地氏 ソウル五輪競泳金メダリスト

スポーツ庁初代長官に鈴木大地氏 ソウル五輪競泳金メダリスト
http://www.sankei.com/politics/news/150911/plt1509110008-n1.html
2015.9.11 09:01

政府は11日、国のスポーツ行政を総合的に推進するスポーツ庁の初代長官に、ソウル五輪競泳金メダリストで日本水泳連盟会長の鈴木大地氏(48)を起用する人事を閣議で了承した。任期は2年で、発令は文部科学省の外局として同庁が発足する10月1日付。

 鈴木氏は、水中を潜って進む「バサロ泳法」を武器に、昭和63(1988)年のソウル五輪男子100メートル背泳ぎで金メダルを獲得。平成25年には46歳の若さで日本水連の会長、日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任した。順天堂大ではスポーツ健康科学部教授を務める。

 スポーツ庁は、複数の府省にまたがるスポーツ施策を一本化する目的で、5月の関連法成立で新設が決定。鈴木氏は各府省からの職員120人を率いる。

 任命権者の下村博文文科相は同日の閣議後会見で「(鈴木氏は)五輪金メダリストで知名度が高く、日本水連会長として高いマネジメント能力もある。非常に明るい性格で、国民から見ても、明るいイメージを発信できる点でよりふさわしいと考えた」と述べた。


鈴木大地.PNG



政府は11日、国のスポーツ行政を総合的に推進するスポーツ庁の初代長官に、ソウル五輪競泳金メダリストで日本水泳連盟会長の鈴木大地氏(48)を起用する人事を閣議で了承した。
任期は2年で、発令は文部科学省の外局として同庁が発足する10月1日付。
JOCの理事の鈴木大地が初代のスポーツ庁の長官です。
ソウル五輪が懐かしい。


ラベル:鈴木大地
posted by hazuki at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック