2015年09月08日

1千万円横領の疑いで大西健嗣京都市議を告訴 NPO法人・京都結婚塾の資金着服疑い

1千万円横領の疑いで大西健嗣京都市議を告訴 NPO法人・京都結婚塾の資金着服疑い

1千万円横領で京都市議告訴 NPOの資金着服疑い
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150908000015

NPO法人田中セツ子京都結婚塾(京都市南区)は7日、運営資金を横領したとして、業務上横領の疑いで、京都市議会の大西健嗣市議=左京区選挙区、自民党に離党届を提出=を京都地検に告訴し、受理された。

 関係者によると、告訴状では、大西市議は2011年6月〜15年2月、虚偽の領収書を作成して費用請求するなどし、同法人の預金などから約1千万円を私的に流用して着服した、としている。

 大西市議は同法人の理事を11年9月から今年4月末まで務め、会計や事業運営全般を担当していた。これまでに約240万円を同法人に返還している。

【 2015年09月08日 08時40分 】




NPO法人田中セツ子京都結婚塾(京都市南区)は7日、運営資金を横領したとして、業務上横領の疑いで、京都市議会の大西健嗣市議=左京区選挙区、自民党に離党届を提出=を京都地検に告訴し、受理された。
大西市議はこれまでに約240万円を同法人に返還しているが、同法人は横領された疑いのある額は返還額では不足すると主張していた。
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック