2015年09月08日

「京都に向いている」 文化庁誘致に谷垣氏前向き

「京都に向いている」 文化庁誘致に谷垣氏前向き

谷垣氏「京都に向いている」 文化庁移転に前向き
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150908000028

京都市や京都府が求めている文化庁の京都誘致について、自民党の谷垣禎一幹事長は7日、京都新聞社の取材に「京都に移転すれば、東京とは違う新しい歴史や文化の関係ができてくる」と語り、移転に前向きな姿勢を示した。

 谷垣幹事長は「京都は文化財も多く、保全する能力も高い。東京に残すことで中央集権的な価値観が直らないということであれば、京都に向いているのは文化行政」と指摘。「国会答弁(の不便さ)など、いくつか難点はあるが、がんばってトライする必要がある」と語った。

 文化庁の移転をめぐっては、石破茂地方創生担当相や同担当の小泉進次郎内閣府政務官らが支持する一方、文部科学省は慎重な姿勢を示している。

【 2015年09月08日 09時30分 】


谷垣禎一1.PNG



京都市や京都府が求めている文化庁の京都誘致について、自民党の谷垣禎一幹事長は7日、京都新聞社の取材に「京都に移転すれば、東京とは違う新しい歴史や文化の関係ができてくる」と語り、移転に前向きな姿勢を示した。
流石、京都5区の谷垣さんです。
文化財も多く、保全する能力も高いので、文化庁を京都に移転しても問題ないと思います。
自民党総裁選で安倍首相が再選しましたが、これも大切なニュースです。


ラベル:谷垣禎一
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック