2015年08月30日

医療保険制度改革 国民の理解と協力不可欠

医療保険制度改革 国民の理解と協力不可欠

<社説>医療保険制度改革 国民の理解と協力不可欠
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243525-storytopic-11.html
2015年5月29日 6:02

医療保険制度改革の関連法が成立した。本年度から幅広い世代の負担を見直すほか、来年度には入院時の食費を引き上げ、紹介状なしで大病院を受診した場合には追加負担を求める。
 政府は高齢化などで医療費が膨らみ続ける中、制度を持続させるために必要な措置としている。
 制度を存続させるためには仕方ない面はある。だが、高齢化が進む一方で現役世代は減少しており、国民の負担増や給付カットで制度を持続させることには限界がある。
 医療費は年約40兆円に上る。年々増え続ける医療費を抑制しなければ、制度持続は危うい。
 医療費抑制には国民の理解と協力が不可欠である。必要性がないにもかかわらず受診を繰り返す人への有効な対処が求められる。
 在宅患者の飲み忘れなどで無駄になっている薬剤費は、年間約500億円にも上るといわれる。2012年度の診療報酬改定で薬剤師による「残薬の確認」が新たな算定要件として盛り込まれたが、有効に機能しているとは言い難い。
 必要な人に必要な医療を提供することを前提にした上で、医療をめぐる無駄を省くことに政府は本腰を入れて取り組むべきだ。
 関連法では個人や自治体、健康保険組合などに予防や健康づくりを促し、それに取り組めば、商品と交換できるポイントや現金支給、保険料の軽減も盛り込んだ。「医者いらず」の人を増やすことを後押しすることは評価できる。
 ただ、その取り組みは必要な受診を控えることを招く可能性もある。「現金目当てで必要な受診をせずに重症化して、かえって医療費がかかる事態も起きかねない」(村上正泰山形大大学院教授)との指摘もある。留意が必要だ。
 改革法とは別に75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の特例的な軽減措置が廃止され、保険料は17年度から段階的に引き上げられる。
 低所得者を中心に加入者の半数に当たる約865万人の負担が増える。年金収入が年80万円以下の単身世帯は、現在の月額370円が1120円と約3倍になる。
 年金受給額が増えるなら理解も得られようが、年金は目減りする時代である。法律を盾に高齢者に重い負担を課すことは酷過ぎる。
 法律通りの保険料に戻すということではあるが、再考すべきだ。




持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案(医療保険改革法案)を成立させた自民党と公明党です。
本年度から幅広い世代の負担を見直す他、来年度には入院時の食費を引き上げ、紹介状なしで大病院を受診した場合には追加負担を求める。
具体的には、紹介状のない大病院での受診は5000〜1万円の自己負担を要求されるようになる。
政府の取り組みは、必要な受診を控えることを招く可能性もある。
「現金目当てで必要な受診をせずに重症化して、かえって医療費がかかる事態も起きかねない」という指摘がある。
法案とは別に75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の特例的な軽減措置が廃止され、保険料は17年度から段階的に引き上げられる。
低所得者を中心に加入者の半数に当たる約865万人の負担が増える。
年金収入が年80万円以下の単身世帯は、現在の月額370円が1120円と約3倍になる。
年金は目減りする時代に高齢者に負担を求め、高齢者苛めになる。
こんな法案が許されて良いものだろうか。
安全保障関連法案のどさくさに紛れて、医療保険制度改革関連法案(正式名称: 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案)を成立させているんじゃないよ。




参考

医療保険制度改革関連法案(正式名称: 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案)が5月27日に参院本会議で与党賛成多数で可決・成立していた!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425031672.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック