2015年08月29日

李登輝氏、尖閣諸島めぐり馬総統に反論「できるものなら軍隊で奪ってみろ」

李登輝氏、尖閣諸島めぐり馬総統に反論「できるものなら軍隊で奪ってみろ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150827-00000005-ftaiwan-cn
中央社フォーカス台湾 8月27日(木)16時57分配信

台北 27日 中央社)馬英九総統が李登輝元総統への反論として米紙に寄稿した文章で、「釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)は中華民国の領土」などと主張したことに対し、李氏は26日、「できるものなら軍隊を派遣して奪ってみればいい。本当に欲しければ日本と戦え」と述べた上で、台湾の人々がそれを求めているようには思えないと反論した。

李氏は7月23日、訪日中に出席した日本外国特派員協会の記者会見で「尖閣列島は日本のものである。台湾のものではない」と発言し、波紋を呼んでいた。

また、李氏は「馬総統は釣魚台列島が台湾と日本どちらのものか、米国人に聞いてみればいい」と述べたほか、国際法や文献などを見ても、同列島を「台湾のもの」とする主張がどこから来たのか分からないと語り、馬総統に国際法上の根拠を示すよう求めた。

一連の発言を受けて、総統府の陳以信報道官は26日、釣魚台列島は中華民国の領土であるとする認識を改めて表明。さらに、李氏が支持する野党・民進党の蔡英文主席に「同列島はどうして日本のものでないのか」と質問すれば、国際法に詳しい蔡氏が説明してくれるだろうと皮肉った。

来年1月の総統選の民進党公認候補でもある蔡氏は7月末、「釣魚台列島は台湾のものだ」と発言している。

(温貴香、謝佳珍/編集:杉野浩司)


李登輝元総統1.PNG



馬英九総統が「釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)は中華民国の領土」などと主張したことに対し、李氏は26日、「できるものなら軍隊を派遣して奪ってみればいい。本当に欲しければ日本と戦え」と述べた上で、台湾の人々がそれを求めているようには思えないと反論した。
李氏は7月23日、訪日中に出席した日本外国特派員協会の記者会見で「尖閣列島は日本のものである。台湾のものではない」と発言し、波紋を呼んでいた。
李登輝元総統と言えば、「尖閣は日本の領土。違うと言うなら証拠を見せよ!」と「尖閣は日本領」発言を来日以前からしています。
李登輝さん、ありがとうございます。



追記

フォーカス台湾で釣魚台と表現していたので、釣魚台をタイトルに入れてしまい申し訳ありませんでした。
正しくは、日本固有の領土の尖閣諸島です。
タイトルを訂正します。(2015年8月30日)



台湾からの義援金が200億円に達しても頑なに報道しない日本のマスゴミ




参考

李登輝元総統「尖閣は日本の領土。違うと言うなら証拠を見せよ!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274324323.html
ラベル:李登輝
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック