2015年08月29日

1週間で数百人賛同 「OVERSEAs」が海外から安保法案に“NO”

1週間で数百人賛同 「OVERSEAs」が海外から安保法案に“NO”

1週間で数百人賛同 「OVERSEAs」が海外から安保法案に“NO”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163194
2015年8月28日

安保法制への反対運動は拡大の一途だが、ついに海外からも反対表明が行われた。

 国会前では毎週、若者のSEALDsや中高年のMIDDLEs、高齢のOLDsなど、世代を超えた反対集会やデモが開かれているが、海外からもOVERSEAsが立ち上がったのである。

「SEALDsに刺激されて海外在住者からも安保法制反対のメッセージが数多く寄せられるようになりました。そこで、こうした声を統合すべく、サイトを立ち上げ、幅広く、こうした声を集めることにしたのです」(弁護士の武井由起子氏=写真左端)

 なぜ、かくも海外から反対の声が集まったのか。日本が戦争する国になってイの一番にテロの恐怖にさらされるのは海外在留邦人だからである。

 OVERSEAsの立ち上げは28日午前、記者会見で発表された。立ち上げ前の段階で、呼びかけから1週間で数百人の賛同があったというから凄まじい。会見では元高等弁務官の賛同メッセージも読み上げられた。安保法制はもうグラグラになってきた。


OVERSEAs発起人の武井由起子弁護士(左)ら.PNG



安保法制への反対運動は拡大の一途だが、ついに海外からも反対表明が行われた。
OVERSEAsの立ち上げは28日午前、記者会見で発表された。
海外在留邦人とは言え、日本の政治に口出し出来る立場ではないと思います。
私は、安保法制は戦争法案だと思っていましたが、個別的自衛権で尖閣諸島や沖縄を狙っている中国に対応出来なければ、集団的自衛権の行使は止むを得ないと考えるようになりました。
但し、集団的自衛権の行使は、米国の要求ということを理解しなければなりません。
集団的自衛権は使い方を間違えると諸刃の剣です。
安保法制は、戦争をしない為の法案とネット右翼は言いますが、本当に将来的に徴兵制にならないのか疑問は残ります。
「民間企業に就職したと思ったら、配属先は「自衛隊」だった」と既に、日刊ゲンダイ(ゲンダイネット)では報道されています。
自衛官でない人間が自衛隊で活動しているようです。
防衛省の画策なのです。
戦争しない為の安保法制や集団的自衛権に関しては疑った方が良いです。
私は、ツイッターで呟く時、ネット右翼や安倍信者に気付かれないように「戦争法案」という表現は避けています。
やはり、戦争法案ではないか・・・と思うようになれば、安倍売国政権や自民党の別機動隊の次世代の党を応援出来なくなると思いますよ。



民間企業の新人を戦地に投入 防衛省が画策する「隠れ徴兵制」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163195
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163195/2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163195/3
2015年8月29日


別件で記事を書こうと考えていますので、文章は省略します。
転載元で確認方、よろしくお願いします。
ラベル:OVERSEAS
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック