2015年08月20日

毎日新聞社、2審も敗訴…「記事は真実でない」

毎日新聞社、2審も敗訴…「記事は真実でない」

毎日新聞社、2審も敗訴…「記事は真実でない」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150820-OYT1T50095.html
2015年08月20日 20時24分

使用済み核燃料などの輸送容器の検査基準を巡る毎日新聞社の記事で名誉を傷付けられたとして、有冨正憲・東京工業大名誉教授が同社と記者に計600万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(柴田寛之裁判長)は20日、同社側に165万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 毎日新聞は2012年2月12日の朝刊で、輸送容器の設計製造会社から多額の寄付金を受けた有冨氏が、検査基準の策定を巡る学会審議で同社の便宜を図ろうとしたなどと報じた。高裁は、有冨氏が便宜を図ろうとした状況はうかがえないとして、「記事は真実ではなく、真実相当性もない」と判断した。

 毎日新聞社社長室の話「判決文を精査し、対応を検討する」




有冨正憲・東京工業大名誉教授が毎日新聞社と記者に計600万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(柴田寛之裁判長)は20日、同社側に165万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却する判決を言い渡した。
捏造は朝日新聞だけではない。
変態新聞(毎日新聞)でもあった。
165万円の支払いとは安過ぎる。
ラベル:東京高裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック