2015年08月11日

韓国産ヒラメから基準超の寄生虫クドア・セプテンプンクタータ検出…回収命令

韓国産ヒラメから基準超の寄生虫クドア・セプテンプンクタータ検出…回収命令

韓国産ヒラメから基準超の寄生虫検出…回収命令
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150811-OYT1T50004.html
2015年08月11日 12時04分

大分県は10日、同県豊後大野市の水産物輸入会社「清川商事」が輸入した韓国産の生食用ヒラメから食中毒の原因となる寄生虫が検出され、同社に回収命令を出したと発表した。

 発表によると、同社は5日、韓国の養殖業者からヒラメ2862匹(3100キロ)を輸入。福岡検疫所のサンプル検査で10日、食品衛生法の基準値を超える寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」がいたことが分かった。ヒラメは大分や福岡、長崎、大阪など9府県の業者に卸したが、健康被害の報告はないという。

 クドア・セプテンプンクタータはヒラメの筋肉に寄生し、刺し身などで食べると嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるという。




大分県は10日、同県豊後大野市の水産物輸入会社「清川商事」が輸入した韓国産の生食用ヒラメから食中毒の原因となる寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」が検出され、同社に回収命令を出したと発表した。
クドア・セプテンプンクタータはヒラメの筋肉に寄生し、刺し身などで食べると嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるという。
詳しくは、「ヒラメ 食中毒」または、「ヒラメ 食中毒 韓国」で検索のこと。
ラベル:回収命令
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック