2015年07月07日

すっかり与党気分…維新“大阪系”が吹聴「自公維連立」の滑稽

すっかり与党気分…維新“大阪系”が吹聴「自公維連立」の滑稽
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161513
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161513/2
2015年7月7日

橋下徹大阪市長が「関西維新の会」設立を指示したと大騒ぎだ。橋下シンパの地元、大阪維新の会と近畿圏の地方議員を集め、「関西の単位でいつでも国政政党にできるようにする」のだという。喜々として安倍首相と会食する橋下市長のこと、“野党再編路線”の松野頼久代表と決別し、安倍政権を支える“新党”を結成するつもりなのか。

 親分が与党入りに前のめりだから、子分たちもイケイケだ。

「橋下さんや松井一郎府知事に近い馬場伸幸国対委員長や遠藤敬国対委員長代理ら大阪系の国会議員が、いろんな場面で『将来は自公維の連立だ』と吹聴して回っているのです。馬場さんたちは先月、菅官房長官と会談した。そこでそういう話が出たんじゃないかとみられています。維新内はいま、大阪系VS非大阪系の対立が激化している。『自公維連立』を誘い水に中間派を大阪系に取り込む狙いもあるようです」(野党関係者)

自公維連立!? 安保法案の審議がこの先どうなるかも不透明なのに気の早い話だが、大阪系はすっかり“与党”気分だ。派遣法をめぐって与党寄りに寝返り、民主党に批判された際、馬場国対委員長は「(民主党は)私たちを与党側に入れることを応援してくれるそうだ」とまで言っていた。

 菅長官に持ち上げられ、大阪系は舞い上がっているが、自民党が本気で相手にしているとでも思っているのか。衆院は自公で3分の2あるし、自民が過半数に満たない参院に維新は11議席しかない。菅長官がイイ顔をするのは、安保法案を通すために維新を取り込みたいだけだ。

「自公維連立って、選挙はどうするんですか? 自民党は前回選挙でほぼ全員が比例復活していますから、選挙区に空きがありません。選挙区調整で譲ることができても、大阪のごく一部に限られるでしょう」(自民党関係者)

 政権スリ寄りで維新が安保法案成立に“協力”するようなことがあれば、法案反対の過半数の国民から総スカンを食らうことになる。


橋下徹・与党入りを希望.PNG



橋下徹が「関西維新の会」設立を指示したと大騒ぎ。
喜々として安倍首相と会食する橋下。
野党再編路線の松野頼久と決別し、安倍政権を支える新党を結成するつもりか。
「橋下さんや松井一郎府知事に近い馬場伸幸国対委員長や遠藤敬国対委員長代理ら大阪系の国会議員が、いろんな場面で『将来は自公維の連立だ』と吹聴して回っているのです。」(野党関係者)
日刊ゲンダイ(ゲンダイネット)がソースだと信用出来ないですが、関西維新の会を設立して、自公維の連立とは笑わせてくれる。




参考

橋下、「関西維新」9月設立も 国政政党化に言及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421850448.html
ラベル:橋下徹
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック