2015年07月02日

米国とキューバ、国交回復 20日に大使館再開へ

米国とキューバ、国交回復 20日に大使館再開へ



米国とキューバ、国交回復 20日に大使館再開へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3053388
2015年07月02日 07:22 発信地:ワシントンD.C./米国

【7月2日 AFP】米国とキューバは1日、54年ぶりに国交を全面的に回復する歴史的合意に至った。

米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領とキューバのラウル・カストロ(Raul Castro)国家評議会議長は親書を交換し、今月20日に、1961年からの断交を解除し、米国の首都ワシントン(Washington D.C.)とキューバの首都ハバナ(Havana)で両国の大使館を再開することで合意した。

オバマ大統領は、今もなお共産主義国のキューバに対する、破綻して時代遅れとなった孤立化政策を終わらせる「歴史的な前進」だとして、この合意を称賛した。

ラウル・カストロ議長は1日、オバマ米大統領への親書で「両国の国民と政府の間に、相互尊重と協力の関係を発展させる」ことへの希望を表明した。

7月20日に、カストロ議長はブルノ・ロドリゲス・パリジャ(Bruno Rodriguez Parrilla)外相を派遣して、ワシントンでキューバ大使館を再開する予定だ。

キューバでの米国大使館再開の日は決まっていないが、オバマ大統領は「この夏遅くに、ジョン・ケリー(John Kerry)国務長官がハバナを正式訪問し、わが国の大使館の上に再び米国旗を誇り高く掲げる予定だ」と発表した。(c)AFP/Andrew BEATTY / with Alexandre Grosbois in Havana


バラク・オバマ1.PNG



米国とキューバは1日、54年ぶりに国交を全面的に回復する歴史的合意に至った。
米国のバラク・オバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は親書を交換し、今月20日に、1961年からの断交を解除し、米国の首都ワシントンとキューバの首都ハバナで両国の大使館を再開することで合意した。




参考

キューバのテロ指定解除 33年ぶり、制裁緩和
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419837498.html

オバマ大統領、キューバのテロ支援国家指定解除を承認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417329474.html

オバマ・カストロ両氏が握手、米・キューバ首脳が直接会談へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417147025.html
ラベル:米国 キューバ
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック