2015年06月27日

自民、木原青年局長更迭へ 百田氏招いた「勉強会」代表

自民、木原青年局長更迭へ 百田氏招いた「勉強会」代表



自民、木原青年局長更迭へ 百田氏招いた「勉強会」代表
http://www.sankei.com/politics/news/150627/plt1506270008-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150627/plt1506270008-n2.html
2015.6.27 12:22

自民党は27日、報道機関への批判が噴出した党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」の代表を務める木原稔青年局長を更迭する方針を固めた。党幹部が明らかにした。

 今国会で成立を期す安保関連法案の審議に影響することを懸念し、早期に事態を収拾する必要があると判断した。党幹部は「安保関連法案の確実な成立を図るためには、国民の理解、とりわけ沖縄県民の理解が必要だが、不用意な会合で党の信頼を損なった責任は免れない」と指摘している。

 木原氏は産経新聞の取材に対し、「勉強会は党青年局の主催ではない」などとして、自ら辞職することはしない考えを示した。

木原氏が代表を務める勉強会「文化芸術懇話会」が25日に党本部で開いた会合では、出席者が「(法案に批判的な)マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい」などと報道機関を批判したことや、講師を務めた作家の百田尚樹氏の「(沖縄県の地元紙2紙は)潰さないといけない」と発言したことで、野党が反発している。


木原稔.PNG



自民党は27日、報道機関への批判が噴出した党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」の代表を務める木原稔青年局長を更迭する方針を固めた。
党幹部が明らかにした。
今国会で成立を期す安保関連法案の審議に影響することを懸念し、早期に事態を収拾する必要があると判断した。
木原氏は産経新聞の取材に対し、「勉強会は党青年局の主催ではない」などとして、自ら辞職することはしない考えを示した。




参考

百田尚樹氏がFBで釈明 「私的な集まりの軽口にすぎない」「報道陣がガラス越しに盗み聞き」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421406565.html

百田尚樹氏の発言に沖縄2紙が抗議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421406210.html

百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421405955.html
ラベル:木原稔
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック