2015年06月25日

警視庁白バイ出火でリコール ホンダ2万9千台

警視庁白バイ出火でリコール ホンダ2万9千台

警視庁白バイ出火でリコール ホンダ2万9千台
http://www.sankei.com/life/news/150625/lif1506250039-n1.html
2015.6.25 18:17

ホンダは25日、電子部品の不具合で警視庁の白バイから出火する事故が起きたとして、オートバイ37車種、計2万9232台(平成25年10月〜27年6月生産)のリコールを国土交通省に届けた。対象には白バイ「CB1300P」が332台含まれている。

 国交省によると、15日に警視庁第2方面交通機動隊の隊員が「CB1300P」に乗務中、メーターが点滅し、焦げ臭いにおいがすることに気付いた。車庫で整備しようとしたところ、シート下から出火し、シートの一部を焼いた。けが人はなかった。

 ほかにも26年8月以降、走行中にエンストするなど19件の不具合が報告されていた。

 バッテリーからエンジンやライトなどに電気を送るためのスイッチの製造ミスが原因。

 欧米など海外でも約29万8千台を販売しており、ホンダは各国の法令に基づき対処する。


ホンダがリコールした白バイ.PNG



ホンダは25日、電子部品の不具合で警視庁の白バイから出火する事故が起きたとして、オートバイ47車種、計2万9232台(平成25年10月〜27年6月生産)のリコールを国土交通省に届けた。
対象には白バイ「CB1300P」が332台含まれている。
欧米など海外でも約29万8千台を販売しており、ホンダは各国の法令に基づき対処する。
ラベル:国土交通省
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック