2015年06月13日

仏当局、Googleに全世界での「忘れられる権利」適用を指示

仏当局、Googleに全世界での「忘れられる権利」適用を指示

仏当局、グーグルに全世界での「忘れられる権利」適用を指示
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0OS0RM20150612
2015年 06月 12日 20:06 JST

[パリ 12日 ロイター] - 個人情報保護を扱うフランスの独立行政機関CNILは、米グーグル(GOOGL.O: 株価, 企業情報, レポート)に対し、現状にそぐわない過去の個人情報に関して削除を求められた場合、欧州だけでなく全世界のネット検索結果から削除するよう指示した。15日以内に従わない場合、制裁措置に踏み切るという。

欧州裁判所は昨年、こうしたインターネット上での「忘れられる権利」を認める判断を下しており、グーグルへの圧力が強まっている。同社は検索結果からの削除を要請できるフォームを作成したが、適用範囲は欧州のウェブサイトに制限している。

グーグルは「(欧州裁判所の)判断は、欧州ユーザー向けのサービスに焦点を合わせたものであり、当社はその判断に従ったアプローチをとっている」とコメントした。

*内容を追加しました。


Google1.PNG



個人情報保護を扱うフランスの独立行政機関CNILは、米Googleに対し、現状にそぐわない過去の個人情報に関して削除を求められた場合、欧州だけでなく全世界のネット検索結果から削除するよう指示した。
15日以内に従わない場合、制裁措置に踏み切るという。
ラベル:google
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック