2015年06月12日

サックス奏者オーネット・コールマンさん逝去、フリージャズ牽引 享年85歳

サックス奏者オーネット・コールマンさん逝去、フリージャズ牽引 享年85歳



サックス奏者オーネット・コールマンさん死去、フリージャズ牽引
http://www.afpbb.com/articles/-/3051447
2015年06月12日 09:21 発信地:ニューヨーク/米国

【6月12日 AFP】米ジャズミュージシャンで作曲家のオーネット・コールマン(Ornette Coleman)さん(85)が11日、ニューヨーク(New York)で死去した。

コールマンさんの広報担当者、ケン・ワインスタイン(Ken Weinstein)氏によると心不全が原因という。

コールマンさんは1959年のアルバム「ジャズ来るべきもの(The Shape of Jazz to Come)」で、伝統的な演奏スタイルと決別。当初、その斬新な演奏スタイルに対する評価は二分したが、米サックス奏者ジョン・コルトレーン(John Coltrane)と共に、いわゆる「フリージャズ」を牽引した。フリージャズでは、ハーモニーを基本とする伝統的な構造を解体し、より自由な表現が可能となった。

アルトサックスの演奏者として最も有名なコールマンさんは、ジャズが必要としていることは「今までよりもさらにフィーリングを表現する」ことで、コードにのっとった従来の構成には限度があり、不自然だと語っていた。そして、ジャズは人と人とのコミュニケーションのひとつの形態であるべきだと主張した。

1997年に行われた仏思想家ジャック・デリダ(Jacques Derrida)氏とのインタビューでは、「つまり、2、3人で、誰かが目立ったり、リードしたりすることなく、音を通して会話をするんだ」と述べていた。(c)AFP/Shaun TANDON


Ornette Coleman.PNG



米ジャズミュージシャンで作曲家のオーネット・コールマンさんが11日、ニューヨークで死去した。
コールマンさんの広報担当者、ケン・ワインスタイン氏によると心不全が原因という。
享年85歳。
ご冥福をお祈り致します。
オーネット・コールマン(Ornette Coleman)が故ルー・リード(Lou Reed)のアルバムに参加したことが懐かしいです。



Ornette Coleman Sextet - Free Jazz (1of 3)


Lou Reed (ft. Ornette Coleman) - Guilty
ラベル:Ornette Coleman
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック