2015年06月11日

「日本酒」定義明確化、国産米使い国内製造のみ

「日本酒」定義明確化、国産米使い国内製造のみ
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150611-OYT1T50182.html?from=ytop_ylist
2015年06月11日 20時42分

国税庁は、国産のコメを原料に国内で製造された清酒だけを「日本酒」として販売できるよう酒類業組合法のルールを改正する。

 自民党の財務金融部会などの合同会議に11日に提示した。政府のクールジャパン戦略の一環として、海外で人気がある日本酒のブランド力を高め、輸出を後押しする狙いがある。

 年内にも、世界貿易機関(WTO)協定に基づき、産地名を商品名に使用する「地理的表示制度」を適用する。新たな条件を満たさずに日本酒の販売が行われた場合は、取り締まったり、他国に取り締まりを要請したりできるようになる。日本酒の定義が明確になれば、品質などが保証された特産品と見なされ、ブランド価値の向上が期待できる。

 国税庁によると、これまでは国内で造られている清酒は、原料や製造地を問わず、すべて「日本酒」として販売できた。ただ、日本酒人気の高まりを受け、今後は、海外産の米を使った清酒の生産が活発になる可能性があるという。




国税庁は、国産のコメを原料に国内で製造された清酒だけを「日本酒」として販売出来るよう酒類業組合法のルールを改正する。
自民党の財務金融部会などの合同会議に11日に提示した。
政府のクールジャパン戦略の一環として、海外で人気がある日本酒のブランド力を高め、輸出を後押しする狙いがある。
国産の米を使い、国内で製造された清酒だけを日本酒として販売するのは当然でしょう。
しかし、国税庁の管轄でしたか。
拙ブログには、国税・地方税のカテゴリーがあるのに知りませんでした。






YOL 経済 @YOL_economy
「日本酒」定義明確化、国産米使い国内製造のみ http://j.mp/1JMicnS
ラベル:国税庁
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック