2015年06月11日

船橋オート存続を…現役レーサー市議が初質問

船橋オート存続を…現役レーサー市議が初質問
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150611-OYT1T50048.html?from=ytop_ylist
2015年06月11日 11時48分

2015年度限りの廃止が決まっている「船橋オートレース」の存続を訴え、4月の千葉県船橋市議選に当選した現役オートレーサー、梅内幹雄氏(49)が10日、市議会本会議で初めて一般質問に立った。

 梅内氏は、持ち時間15分すべてをオートレース場関連に使い、廃止決定の経緯や存続の可能性、廃止後の問題などをただした。最後の質問では「市長は現場の声、ファンの声を聞かれているか。12万人を超えた存続を求める署名をどのようにお考えか」と尋ねた。

 船橋オートは千葉県と船橋市が主催している。松戸徹市長は答弁で、「署名は非常に重く受け止めている。廃止は私としても苦渋の決断だ」と述べた。梅内氏は「いま一度、存続の可能性を最大限検討するべきだ」と求め、質問を終えた。




2015年度限りの廃止が決まっている「船橋オートレース」の存続を訴え、4月の千葉県船橋市議選に当選した現役オートレーサー、梅内幹雄氏(49)が10日、市議会本会議で初めて一般質問に立った。
昔、ららぽーとの近くで仕事していたことがあるので、船橋オートレースが廃止とは残念です。
12万人を超えた存続を求める署名があるので、何とか存続を検討して欲しいと思います。



史上初の現役オートレーサー市議会議員・梅内幹雄、当選後初レースは見事2着入線!
ラベル:千葉県
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック