2015年06月09日

年金詐欺で被害、厚労相「補償考えてない」 情報流出

年金詐欺で被害、厚労相「補償考えてない」 情報流出
http://www.asahi.com/articles/ASH685Q8DH68UTFL00J.html?iref=comtop_list_pol_n05
小泉浩樹 2015年6月9日01時04分

日本年金機構がサイバー攻撃を受けて約125万件の個人情報が流出した問題で、塩崎恭久厚生労働相は8日の衆院決算行政監視委員会で、情報が悪用されて年金をだまし取られた場合について「補償を行う考えはいま持っていない」と語った。情報が流出した該当者への金銭などの支払いもしない方針。補償の財源は税金となるため、慎重な姿勢を示したとみられる。

特集:年金の個人情報流出

 流出した情報は氏名、生年月日、基礎年金番号、住所の4種類。このうち氏名、生年月日、基礎年金番号の三つの情報があれば住所を変更できる。

 厚労省によると、最初の攻撃があった5月8日から機構が情報流出を公表した6月1日までの間、全国で年金受給者と加入者の住所変更は109件あった。厚労省幹部は、通常と比べて「際だって多いと思わない」としている。


塩崎恭久1.PNG



日本年金機構がサイバー攻撃を受けて約125万件の個人情報が流出した問題で、塩崎恭久厚生労働相は8日の衆院決算行政監視委員会で、情報が悪用されて年金を騙し取られた場合について「補償を行う考えはいま持っていない」と語った。
情報が流出した該当者への金銭などの支払いもしない方針。
補償の財源は税金となる為、慎重な姿勢を示したとみられる。
日本年金機構がサイバー攻撃を受けて、個人情報が流出したというのに、年金を騙し取られても補償はしないし、情報が流出した該当者への支払いもしないとは酷過ぎる。
いくら何でも、これは・・・。




参考

日本年金機構がHPを閉鎖 「脆弱性」発見で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/420250898.html

厚労省年金文書の件名偽装 ウイルス感染数十台
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/420008294.html

「日本年金機構」にサイバー攻撃 年金情報、最大125万人流出…警視庁が捜査
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419961573.html
ラベル:塩崎恭久
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック