2015年06月02日

厚労省年金文書の件名偽装 ウイルス感染数十台

厚労省年金文書の件名偽装 ウイルス感染数十台
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015060201001529.html

日本年金機構がウイルスメールによる不正アクセスを受け、年金情報約125万件が外部流出した問題で、機構に送付されたウイルスメールの件名は、厚生労働省が公表している年金関係の文書の見出しと同じだったことが2日、関係者への取材で分かった。このため機構の職員が開いてしまったとみられる。

 また、厚労省によると、ウイルスによって最初に不正アクセスされたのは福岡の施設にある端末で、次いで東京の本部の端末も感染していた。感染したパソコンは計数十台に上るという。

 機構から相談を受けた警視庁公安部は、不正指令電磁的記録供用や不正アクセス禁止法違反などの疑いもあるとみて捜査。
2015/06/02 13:09 【共同通信】




日本年金機構に送付されたウイルスメールの件名は、厚生労働省が公表している年金関係の文書の見出しと同じだったことが2日、関係者への取材で分かった。
この為、機構の職員が開いてしまったとみられる。
ウイルスによって最初に不正アクセスされたのは福岡の施設にある端末で、次いで東京の本部の端末も感染していた。






47NEWS @47news
厚労省年金文書の件名偽装 ウイルス感染数十台 http://bit.ly/1K5ZF6v




参考

「日本年金機構」にサイバー攻撃 年金情報、最大125万人流出…警視庁が捜査
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/419961573.html


ラベル:警視庁
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 警視庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック