2015年06月01日

維新市議の当選無効、水道未使用で居住実態なし

維新市議の当選無効、水道未使用で居住実態なし
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20150601-OYT1T50149.html?from=ytop_main3
2015年06月01日 22時29分

京都府城陽市選管は1日、統一地方選の市議選(4月26日投開票)で初当選した維新の党の井上清貴氏(38)について、同市内で3か月以上居住した実態がないとして、当選無効の決定をしたと発表した。

 市選管によると、5月1日に市民から「井上氏には被選挙権がない」とする異議申し出を受理。調査したところ、井上氏は昨年9月に同府宇治市から城陽市に転入したが、同市に届け出た住所の水道は4年前から元栓が閉じられたままで、近隣住民も「誰かが住んでいるとは思わなかった」と話していることなどから判断したという。

 これに対し、井上氏は代理人の弁護士を通じて「城陽市で仕事を続け、市民として活動してきた」とコメント。近く、府選管に不服審査を申し立てる。

 公職選挙法は、市議選の被選挙権について「引き続き3か月以上市内に住所を有する者」と規定。井上氏の当選無効が確定した場合、次点の候補者が当選となる。




京都府城陽市選管は1日、統一地方選の市議選(4月26日投開票)で初当選した維新の党の井上清貴氏(38)について、同市内で3か月以上居住した実態がないとして、当選無効の決定をしたと発表した。
公職選挙法は、市議選の被選挙権について「引き続き3か月以上市内に住所を有する者」と規定。
井上氏の当選無効が確定した場合、次点の候補者が当選となる。






YOL 政治 @YOL_politics
居住実態ない…維新市議の当選無効、水道未使用 http://j.mp/1GRmA4s
ラベル:統一地方選
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック