2015年05月24日

ヤマダ電機、46店一斉閉鎖 5月末、都市部重視に転換

ヤマダ電機、46店一斉閉鎖 5月末、都市部重視に転換

ヤマダ電機、46店一斉閉鎖 5月末、都市部重視に転換
http://www.sankei.com/economy/news/150524/ecn1505240011-n1.html
2015.5.24 14:41

家電量販店最大手のヤマダ電機は24日、消費税増税の影響などで採算が悪化している地方の郊外型店舗を中心に計46店を5月末で一斉に閉鎖することを明らかにした。閉鎖する店の従業員は他店に配置転換するなどして雇用は維持する方針。

 出店攻勢で業績を拡大してきたヤマダ電機が、一度に40店以上も閉鎖するのは異例だ。業績を立て直すために戦略を抜本的に見直し、訪日外国人客の需要などが見込める都市部を重視する方針に転換する。


ヤマダ電機.PNG



家電量販店最大手のヤマダ電機は24日、消費税増税の影響などで採算が悪化している地方の郊外型店舗を中心に計46店を5月末で一斉に閉鎖することを明らかにした。
閉鎖する店の従業員は他店に配置転換するなどして雇用は維持する方針。




追記

時事通信に閉店する店舗が載っています。



ヤマダ、46店整理・閉鎖=郊外型中心に5月末
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015052400047

 ヤマダ電機が地方の郊外型店舗を中心に約40店を5月末に閉鎖することが24日、分かった。業態転換を含めると整理する店舗数は計46店に上る。消費税増税の影響で販売低迷が続く中、不採算や収益率の低い店舗の整理を急ぐ。今後は都市部の駅前型店舗の出店に力を注ぐ方針で、年内にも東京・八重洲に出店する。2015年3月末の連結店舗数は子会社のベスト電器などを含め1016。

〔写真特集〕電気製品コンパニオン

 閉鎖する店舗は、郊外型の「テックランド」が北海道の稚内と中標津、岩手県の花巻、宮城県の栗原築館、福島県の喜多方、茨城県のつくばみらいと牛久、埼玉県の蓮田、名古屋市の名古屋南丹後通り、福井県の鯖江、神戸市の神戸桜が丘、広島県の熊野、香川県のさぬき長尾、山口県の新南陽など。都市型の「LABI」でも競争の激しい水戸市の店舗を閉鎖する。(2015/05/24-13:42)
ラベル:ヤマダ電機
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック