2015年05月23日

ヘイトスピーチ抑止条例案提出…全国初、大阪市

ヘイトスピーチ抑止条例案提出…全国初、大阪市
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150523-OYT1T50077.html?from=ytop_ylist
2015年05月23日 09時48分

大阪市は22日、民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を抑止するための条例案を市議会5月定例会に提案した。

 ヘイトスピーチを行った人物・団体の公表や、被害者への訴訟費用支援などを行う内容で、自治体での条例化は全国初。条例案が可決されれば、秋頃にも施行される予定だ。

 ヘイトスピーチを巡っては橋下徹市長が昨年、問題視して条例による規制を発案。市の審議会で条例化に向けた議論を重ねてきた。

 「市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案」で、ヘイトスピーチを「人種・民族に係る特定の属性を有する個人・集団を、社会から排除すること」などと規定。被害者らの申し立てを受け、学識者でつくる審査会が問題行為と認定すれば、個人の名前や団体名を市のホームページなどで公表するとしている。

 また、被害者に訴訟費用を貸し付け、裁判でヘイトスピーチが認定されれば、費用返還は免除される。


橋下徹・ヘイトスピーチ.PNG



大阪市は22日、民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を抑止するための条例案を市議会5月定例会に提案した。
ヘイトスピーチを行った人物・団体の公表や、被害者への訴訟費用支援などを行う内容で、自治体での条例化は全国初。
条例案が可決されれば、秋頃にも施行される予定。
また、被害者に訴訟費用を貸し付け、裁判でヘイトスピーチが認定されれば、費用返還は免除される。
橋下は、大阪でヘイトスピーチは許さないと元在特会会長の桜井誠さんとの対談で述べていますし、過去の報道でも断言していますので、条例化は避けられないかも知れませんね。
ヘイトスピーチの規制は日本人狩りになる可能性があります。
橋下は人権擁護法にも賛成でしたので、代替法案のヘイトスピーチ規制法にも賛成の立場です。



【拡散希望】ヘイトスピーチ規制すると日本もこうなる!!




参考

ヘイトスピーチの認定機関新設 大阪市が対策条例制定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414664092.html

ヘイトスピーチ:是正勧告で公表の対策案まとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412472328.html
ラベル:大阪市
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック