2015年05月21日

赤ちゃんポスト 防犯カメラ設置 事件性ある時に映像使用

赤ちゃんポスト 防犯カメラ設置 事件性ある時に映像使用

赤ちゃんポスト:防犯カメラ設置 事件性ある時に映像使用
http://mainichi.jp/select/news/20150521k0000m040144000c.html
毎日新聞 2015年05月21日 05時30分

親が育てられない子供を匿名で預け入れる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」を運営する熊本市西区の慈恵病院は20日、ゆりかご近くに防犯カメラを設置したことを明らかにした。2014年10月に発生した新生児の遺体遺棄事件を受けた措置。今後、事件性がある預け入れの場合のみ、人物特定のために録画映像を警察に提供する。

病院によると、警察が事件性があると判断して録画映像の提出を求めた場合、病院の職員ら9人で構成する「ゆりかご委員会」(委員長・蓮田太二理事長)の3分の2以上が賛成すれば提出する。

 録画映像は厳重に管理され、警察への提出時以外は病院関係者も映像を確認することはなく、子供の身元特定に使うことはない。また、録画して7日間が経過すれば自動的に消去される仕組みにしている。

 一方で病院は、防犯カメラの存在自体が預け入れをためらわせ、別の場所への子供の遺棄につながる可能性を懸念。蓮田健産婦人科部長は記者会見で「今後ゆりかごへの預け入れが無くなれば、カメラを撤去する可能性もある」と話した。

 一方、熊本市は20日、14年度のゆりかごの運用状況を発表した。預け入れられた子供は11人(男児6人、女児5人)で前年度の9人より増加。07年5月の運用開始からの合計は112人となった。【井川加菜美】




親が育てられない子供を匿名で預け入れる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」を運営する熊本市西区の慈恵病院は20日、ゆりかご近くに防犯カメラを設置したことを明らかにした。
2014年10月に発生した新生児の遺体遺棄事件を受けた措置。






毎日新聞社会部 @mainichi_shakai
赤ちゃんポストに防犯カメラ設置 事件性ある時に映像使用 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20150521k0000m040144000c.html




関連

熊本、預け入れ1割は障害児 こうのとりのゆりかご
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406071500.html
ラベル:慈恵病院
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック