2015年05月03日

[名古屋大の女子学生の高校時代、同級生に毒容疑] 同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」

[名古屋大の女子学生の高校時代、同級生に毒容疑] 同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」

同級生のタリウム中毒、関与供述 女子学生「毒盛った」
http://www.asahi.com/articles/ASH525WSCH52OIPE013.html?iref=comtop_6_03
2015年5月3日05時04分

名古屋市のアパートで女性(当時77)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された女子学生(19)=鑑定留置中=が、宮城県の私立高校に在学中、同級生の少年(19)がタリウムによるとみられる中毒症状で体調を崩したことについて、関与を認める供述をしていたことが愛知、宮城両県警の調べでわかった。鑑定留置終了後の12日以降、同級生に対する殺人未遂事件として本格的な捜査に乗り出す。

 両県警は、供述内容から精神鑑定で刑事責任能力が認められる可能性が高いとみている。女子学生は毒物の知識があり、危険性についても認識しているほか、少年に関し、「毒を盛った。どうなるか知りたかった」との趣旨の説明をしているといい、動機や経緯を慎重に調べる。

 高校関係者によると、同級生の少年は高校2年の2012年6月ごろ、体調を崩し、視力低下や歩行困難に陥って10月初旬に入院。完全に回復せず休学し、14年3月ごろ、宮城県内の特別支援学校に転校した。同県警によると、高校から相談を受け、少年がタリウムを摂取したことによる中毒症状を起こした疑いがあると判断し、捜査していた。


女性殺害事件ツイート.PNG



名古屋市内のアパートで女性(当時77)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された女子学生(19)の事件。
宮城県の私立高校に在学中、同級生の少年(19)がタリウムによるとみられる中毒症状で体調を崩したことについて、関与を認める供述をしていたことが愛知、宮城両県警の調べで分かった。
鑑定留置終了後の12日以降、同級生に対する殺人未遂事件として本格的な捜査に乗り出す。




参考

[名古屋大の女子学生の女性殺害事件] 殺人願望「小学生のころから」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413123193.html

名古屋大の女子学生の女性殺害事件「ついにやった」ツイッターに書き込みか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413076664.html




関連

週刊新潮、19歳容疑者の実名・写真掲載へ 名古屋殺人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413519865.html
ラベル:殺人容疑
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック