2015年05月03日

[清志郎七回忌ライヴ] 清志郎ロックン・ロール・ショーにRCサクセションのメンバー集結

[清志郎七回忌ライヴ] 清志郎ロックン・ロール・ショーにRCサクセションのメンバー集結

清志郎ロックン・ロール・ショーにRCメンバー集結
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1470769.html
[2015年5月3日7時46分 紙面から]

ロック歌手忌野清志郎さん(享年58)の七回忌の2日、東京・渋谷公会堂で毎年恒例の「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」の特別ライブが行われた。RCサクセションの元ギター仲井戸麗市(64)率いるバンドに、細野晴臣(67)Char(59)トータス松本(48)奥田民生(49)らが次々に登場。今年の目玉は、仲井戸が「やっと来てくれました。清志郎がきっと喜んでいると思います」と紹介した初出演の井上陽水(66)だった。アコースティックギターで、73年の日本初のミリオンアルバム「氷の世界」に収録の清志郎さんとの共作「帰れない2人」と、「今でも頭に浮かぶメロディー」とフォーク時代の清志郎さんの「忙しすぎたから」を披露した。

 出演者全員での「雨あがりの夜空に」でも笑顔でコーラスに参加。最後は舞台中央でかつて見せたことのない旧友ばりのド派手なジャンプで締め、会場は最高潮の盛り上がりとなった。


忌野清志郎.PNG



ロック歌手忌野清志郎さん(享年58)の七回忌の2日、東京・渋谷公会堂で毎年恒例の「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」の特別ライブが行われた。
RCサクセションの元ギター仲井戸麗市(64)率いるバンドに、細野晴臣(67)Char(59)トータス松本(48)奥田民生(49)らが次々に登場。
清志郎の没後6年。
5月2日が清志郎の七回忌とは忘れていました。
今年の目玉は井上陽水(66)だったようですね。
RCサクセションの「トランジスタラジオ」好きでしたね。
「ラプソディー」も好きです。



清志郎さん七回忌ライブ 陽水が共作披露思い捧げる
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1470698.html
[2015年5月2日21時27分]

歌手忌野清志郎さん(享年58)の七回忌の2日、東京・渋谷公会堂で毎年恒例の「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」の特別ライブが行われた。

 RCサクセションの元ギター仲井戸麗市(64)が率いるバンドに、細野晴臣(67)、Char(59)トータス松本(48)や奥田民生(49)らが次々に登場。

 今年の目玉は、仲井戸から「やっと来てくれました。みんなも待っていたんじゃないかな。清志郎がきっと喜んでいると思います。ミスター井上陽水」と紹介された初出演の井上陽水(66)だった。

 アコースティックギターで、73年の日本初のミリオンアルバム「氷の世界」に収録の清志郎さんとの共作「帰れない2人」と、40年以上前の「なぜか今でも頭に浮かぶメロディー」とフォーク時代のRCサクセションの「忙しすぎたから」を披露した。

 また、出演者全員での「雨あがりの夜空に」では笑顔でコーラスに参加。

 最後に演奏を止める役割を任されると、照れながらも舞台中央で、今まで見せたことのないジャンプで締めて、旧友に思いを捧げていた。



ラプソディー 忌野清志郎 / 86年日比谷野音 / RCサクセション


トランジスタ・ラジオ / RCサクセション / 忌野清志郎




参考

地震の後には戦争がやってくる 清志郎の言葉、いま響く(左翼の湯川れい子が紹介したものが広がった)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403827934.html
ラベル:忌野清志郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック