2015年05月03日

授業料や訓練費が高額なパイロット養成に無利子で1000万円まで貸し出す奨学金制度新設へ…来年度にも

授業料や訓練費が高額なパイロット養成に無利子で1000万円まで貸し出す奨学金制度新設へ…来年度にも

パイロット養成に奨学金制度新設へ…来年度にも
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150502-OYT1T50056.html
2015年05月02日 20時50分

航空需要の拡大によるパイロット不足に備えるため、国土交通省と航空業界は、2016年度にも私立大学のパイロット養成コースなどの学生向けに奨学金制度を新設する方針を固めた。

 無利子で1000万円まで貸し出す。

 パイロットの養成はこれまで、航空大学校や航空会社が主に担ってきた。東海大や法政大など私大の養成コースもあるが、授業料や訓練費などで4年間で1000万〜2000万円程度の学費が必要なため、定員割れの学校も多い。

 そこで、航空各社や航空機メーカーが出資する約50億円規模の基金を設立し、年50人以上を対象に奨学金を貸与して学費負担を軽減する。

 現在の国内のパイロット数は約6000人。国交省は、格安航空会社(LCC)の路線拡大などで、22年には最大約7300人のパイロットが必要になると予測している。一方で、30年ごろには多くのパイロットが定年を迎える。

 自衛隊出身者や外国人を除くと、国内航空業界では毎年150〜200人程度がパイロットとして新規採用されてきたが、22年ごろには年約200〜300人、30年ごろには年400人規模に新規採用を増やさなければ不足分を補えず、「パイロットの2030年問題」と呼ばれている。




航空需要の拡大によるパイロット不足に備える為、国土交通省と航空業界は、2016年度にも私立大学のパイロット養成コースなどの学生向けに奨学金制度を新設する方針を固めた。
無利子で1000万円まで貸し出す。
東海大や法政大など私大の養成コースもあるが、授業料や訓練費などで4年間で1000万〜2000万円程度の学費が必要な為、定員割れの学校も多い。






YOL 社会 @YOL_national
パイロット養成に奨学金制度新設へ…来年度にも
ラベル:国土交通省
【関連する記事】
posted by hazuki at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック