2015年05月01日

選挙違反の証拠隠滅のためPCを海にドボン 金田勝年衆院議員の元秘書・松崎達也(58)を略式起訴 秋田・男鹿区検

選挙違反の証拠隠滅のためPCを海にドボン 金田勝年衆院議員の元秘書・松崎達也(58)を略式起訴 秋田・男鹿区検

選挙違反の証拠PC海にドボン 金田衆院議員の元秘書を略式起訴 秋田・男鹿区検




選挙違反の証拠PC海にドボン 金田衆院議員の元秘書を略式起訴 秋田・男鹿区検
http://www.sankei.com/affairs/news/150430/afr1504300039-n1.html
2015.4.30 20:29

昨年12月の衆院選で運動員に報酬を支払う約束をしたとして、男鹿区検(秋田県)は30日、公選法違反罪(買収約束など)で、秋田2区で当選した金田勝年氏(65)=自民=の松崎達也元私設秘書(58)=男鹿市=を略式起訴した。証拠隠滅のため海中に捨てられていた陣営のパソコンを、県警捜査2課が押収していたことも分かった。

 起訴状によると、松崎被告は昨年11月、陣営関係者を通じて、運動員5人に時給700円の報酬を支払う約束をしたとされる。

 捜査関係者によると、陣営のパソコンは昨年12月、供述に基づき、秋田港周辺の海中を捜索して発見した。報酬に関するデータなどが記録されていたとみられる。投棄には松崎被告が関与したとみられる。金田事務所によると、松崎被告は1月20日付で退職した。

 同区検はほかに、投票所の事務を担当する市選管の投票管理者に選ばれていたにもかかわらず金田氏の選挙運動を行ったとして、同法違反罪(選挙事務関係者の選挙運動など)で佐藤猛英元投票管理者(78)=同市=も略式起訴した。

 いずれも男鹿簡裁が1日以降に罰金の略式命令を出すとみられる。

 金田氏は旧大蔵官僚を経て、平成7年に参院議員に初当選。衆参合わせて現在5期目で、外務副大臣などを歴任。自民党県連会長を務めている。

 金田事務所の田川政幸事務局長は「今後二度とこうしたことがないよう、さらに法令順守を徹底する」とのコメントを発表した。




昨年12月の衆院選で運動員に報酬を支払う約束をしたとして、男鹿区検(秋田県)は30日公選法違反罪(買収約束など)で、秋田2区で当選した金田勝年氏(65)=自民=の松崎達也元私設秘書(58)=男鹿市=を略式起訴した。
証拠隠滅の為、海中に捨てられていた陣営のパソコンを、県警捜査2課が押収していたことも分かった。
【関連する記事】
posted by hazuki at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック