2015年04月19日

[大阪都構想] 憲法に違反の恐れ

[大阪都構想] 憲法に違反の恐れ

大阪都構想:問題点考えるシンポに250人参加
http://mainichi.jp/select/news/20150419k0000m040072000c.html
毎日新聞 2015年04月18日 21時57分(最終更新 04月18日 23時27分)

 大阪都構想の問題点を考えるシンポジウムが18日、大阪市中央区で開かれた。弁護士や学識者らで作る実行委員会が主催し、市民ら約250人が参加。パネリストの薬師院仁志・帝塚山学院大教授は「東京都と大阪は状況が違い、都構想は大阪に合う制度ではない」と指摘。大川一夫弁護士は、住民投票で賛成多数になれば、大阪市の自治権が失われると危惧し、「地方自治権を認める憲法92条に反する恐れがある」と指摘した。【寺岡俊】


大阪都の特別区の名称.PNG



大阪都構想の問題点を考えるシンポジウムが18日、大阪市中央区で開かれた。
パネリストの薬師院仁志・帝塚山学院大教授は「東京都と大阪は状況が違い、都構想は大阪に合う制度ではない」と指摘。
大川一夫弁護士は、住民投票で賛成多数になれば、大阪市の自治権が失われると危惧し、「地方自治権を認める憲法92条に反する恐れがある」と指摘した。
憲法92条に反する恐れがあることを覚えておきましょう。



正義のミカタ*大阪都構想 賛成派vs反対派
ラベル:大阪都構想
【関連する記事】
posted by hazuki at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック