2015年04月16日

NASA 小惑星の名は「マララ」 火星と木星の間で発見

NASA 小惑星の名は「マララ」 火星と木星の間で発見

NASA:小惑星の名は「マララ」 火星と木星の間で発見
http://mainichi.jp/select/news/20150417k0000m040012000c.html
毎日新聞 2015年04月16日 18時44分(最終更新 04月16日 18時50分)

米航空宇宙局(NASA)は15日、火星と木星の間にある小惑星に、昨年ノーベル平和賞を受けたマララ・ユスフザイさん(17)の名前が付けられたと発表した。

 この小惑星は2010年、NASAが発見した。国際天文学連合(IAU)は、NASAからの提案を受け「Malala」と命名したという。それまでの名称は「2010ML48」。小惑星は直径約4キロで、表面は「プリンターのトナー」のように黒く、太陽を5年半かけて周回している。

 チームがこれまで発見した小惑星には、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさん、ソウル歌手のアレサ・フランクリンさんら人権活動や科学、芸術分野で功績をあげた女性の名前が付けられている。【八田浩輔】


小惑星マララ.PNG



米航空宇宙局(NASA)は15日、火星と木星の間にある小惑星に、昨年ノーベル平和賞を受けたマララ・ユスフザイさん(17)の名前が付けられたと発表した。
チームがこれまで発見した小惑星には、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさん、ソウル歌手のアレサ・フランクリンさんら人権活動や科学、芸術分野で功績をあげた女性の名前が付けられている。
アレサ・フランクリンの名前が付けられた小惑星があるのですね。
アレサ・フランクリン引退(一度、引退表明をしたことを覚えています。)を撤回して音楽活動を続けているようですね。
ラベル:NASA
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック