2015年04月12日

新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶

新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶

新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150411-OYT1T50043.html?from=ytop_ylist
2015年04月11日 19時14分

妊婦の血液を採取して胎児の病気を調べる新型出生前検査について、共同研究組織「NIPTコンソーシアム」は10日、2013年4月の開始から昨年9月までの1年半に1万2782人が検査を受けたことを明らかにした。

 病気の疑いがある「陽性」と判定されたのは1・7%の219人で、羊水検査などで201人が胎児の病気とわかった。このうち83%にあたる167人が人工妊娠中絶を選択した。妊娠継続を望んだ妊婦は4人。26人が流産・死産した。

 昭和大の関沢明彦教授は「中絶を選択するケースが多いが、夫婦でよく考え、染色体の病気があったら育てるのが難しいと判断した人が新型検査を受けている結果とみられる」と話す。

 国内では、同組織以外の医療機関でも検査が行われ、これまでに計約2万人が検査を受けた。




妊婦の血液を採取して胎児の病気を調べる新型出生前検査について、共同研究組織「NIPTコンソーシアム」は10日、2013年4月の開始から昨年9月までの1年半に1万2782人が検査を受けたことを明らかにした。
病気の疑いがある「陽性」と判定されたのは1.7%の219人で、羊水検査などで201人が胎児の病気と分かった。
この内、83%にあたる167人が人工妊娠中絶を選択した。
ダウン症などの染色体異常を調べることで、命の選別に繋がる倫理的問題が起こっています。






YOL 科学 @YOL_science
新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶 http://j.mp/1DuTMNn
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック