2015年04月05日

京都・苔寺 阿弥陀如来像1体なくなる

京都・苔寺 阿弥陀如来像1体なくなる

京都・苔寺:阿弥陀如来像1体なくなる
http://mainichi.jp/select/news/20150405k0000m040092000c.html
毎日新聞 2015年04月04日 21時45分

4日午前8時ごろ、「苔寺(こけでら)」として有名な世界遺産・西芳寺(さいほうじ)(京都市西京区)の男性住職(67)が、庭園内の茶室(約4畳)に安置していた阿弥陀(あみだ)如来像1体(高さ約28センチ、幅約16センチ)がなくなっているのに気づき、近くの交番に通報した。京都府警西京署が窃盗事件として捜査している。

同署によると、像は木製で、茶室が完成した1928(昭和3)年ごろから、厨子(ずし)の中で安置していたとみられる。国の文化財指定は受けておらず、制作時期なども不明という。

 住職が最後に像を確認したのは3日午前8時ごろ。午後1時ごろから外国人観光客を含む約200人が寺を訪れ、茶室を休憩室として開放していた。寺の門は午後4時ごろに施錠したという。同寺は事前予約をした人しか拝観できない。【松井豊】




4日午前8時頃、「苔寺(こけでら)」として有名な世界遺産・西芳寺(さいほうじ)(京都市西京区)の男性住職(67)が、庭園内の茶室(約4畳)に安置していた阿弥陀如来像1体(高さ約28センチ、幅約16セン))がなくなっているのに気付き、近くの交番に通報した。
京都府警西京署が窃盗事件として捜査している。
同寺は事前予約をした人しか拝観出来ない。
今頃、韓国の国宝となっているのではないでしょうか。
阿弥陀如来像を盗むとは、罰当たりです。



世界遺産の京都・苔寺で仏像盗難 京都府警が捜査
ラベル:窃盗容疑
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック