2015年04月05日

李明博政権時代の「資源外交」が大失敗 6兆円の税金が消える可能性も

李明博政権時代の「資源外交」が大失敗 6兆円の税金が消える可能性も

李明博政権、約6兆円規模を損失か 資源外交失敗、検察が捜査
http://www.sankei.com/world/news/150404/wor1504040024-n1.html
2015.4.4 17:47

韓国の李明博前政権が海外でのエネルギー資源開発を目指す「資源外交」が、最大60兆ウォン(約6兆6千億円)を超える税金が消える可能性が出てきた。横領疑惑も噴き出し、検察は金融犯罪を入り口に国家に大損害を与えた投資計画に対する本格捜査を始めた。

 韓国監査院の幹部は、エネルギー関係の公社が行った海外資源開発事業でこれまで約31兆ウォンが投じられ、今後も約34兆ウォンの支出が迫られると公表。回収できたのは約4兆6千億ウォンで、残りの回収の見通しは不透明だと明らかにした。李政権発足後の投資が27兆ウォンで、今後支出が迫られる契約も同時期に結んだものが大半を占める。ブローカーがリスクを度外視した開発計画を公社側に持ち込み、公社側が調査を十分に行わず投資したもよう。検察は公社の融資を横領した疑いで「慶南企業」の成完鍾会長を事情聴取。(共同)


李明博1.PNG



韓国の李明博前政権が海外でのエネルギー資源開発を目指す「資源外交」が、最大60兆ウォン(約6兆6千億円)を超える税金が消える可能性が出て来た。
横領疑惑も噴き出し、検察は金融犯罪を入り口に国家に大損害を与えた投資計画に対する本格捜査を始めた。
前政権が目玉政策と位置づけ、海外でのエネルギー資源開発を目指したもの。
返す当てはないでしょうが、早速、韓国が参加したAIIBからお金を借りないといけませんね。
ラベル:李明博
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック