2015年04月02日

まるか食品 「ペヤング」6月にも販売再開へ まず首都圏で先行 虫混入問題で工場改修終える

まるか食品 「ペヤング」6月にも販売再開へ まず首都圏で先行 虫混入問題で工場改修終える



「ペヤング」6月にも販売再開へ まず首都圏で先行 虫混入問題で工場改修終える
http://www.sankei.com/economy/news/150402/ecn1504020026-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/150402/ecn1504020026-n2.html
2015.4.2 17:23

カップ麺「ペヤングソースやきそば」を製造・販売するまるか食品(群馬県伊勢崎市)が、虫の混入問題で、生産販売を停止していたペヤングについて、6月に販売を再開することが2日、わかった。当初4月にも販売再開するとみられてきたが、製造ライン改修が5月後半にずれ込むため、6月からの再開となる。

 同社は、本社工場で、品質向上のために製造ラインの改修などを実施している。同時に、品質問題に対する社員教育を実施するなどしており、ライン改修終了後に早期に製造・販売を再開したいとしてきた。

 昨年12月には問題の発覚を受けて、群馬県の伊勢崎保健所が、伊勢崎市の本社工場に立ち入り調査を実施。問題となった商品の自主回収も指導した経緯がある。

 まるか食品は改修後の工場操業について、同保健所に「5月中旬から下旬にかけて再開したい」と打診をしている。保健所で精査の上で、県上層部の了承なども得るよう準備しているもようだ。

まるか食品は、すでに一部の問屋やスーパーに対しスケジュールを連絡。6月上旬から首都圏で販売を再開。その後7月上旬に全国規模での販売再開を目指している。

 異物混入を防ぐため、フタはシールで密封する容器に変更するが、箱形や外観パッケージデザインは変えない。

 同社は、「ペヤング ハーフ&ハーフ激辛やきそば」に虫が混入していたとの指摘がネット上に投稿され、昨年12月から商品の自主回収を行うとともに全商品の生産・販売を休止していた。


ペヤングソースやきそば.PNG



カップ麺「ペヤングソースやきそば」を製造・販売するまるか食品(群馬県伊勢崎市)が、虫の混入問題で、生産販売を停止していたペヤングについて、6月に販売を再開することが2日、分かった。
6月上旬から首都圏で販売を再開。その後7月上旬に全国規模での販売再開を目指している。
ペヤング再開の噂があったので、調べてみたら、ニュースになっていますね。
虫混入問題は忘れないでしょう。
再び、買うかどうか疑問です。
しかし、異物混入が問題になりましたね。




参考

まるか食品「ペヤング」全商品の製造・販売を休止 混入の虫はゴキブリ「混入、否定できない
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410485999.html

まるか食品の「ペヤング」、5万個自主回収 虫混入指摘を受け 虫混入の苦情初めてではなかった 「小さな虫の苦情は過去にも複数あった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410090529.html

まるか食品の「ペヤング」に虫混入疑い 群馬、保健所が工場立ち入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410073780.html
ラベル:まるか食品
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック