\r\n\r\nアントニオ猪木氏記者会見「北朝鮮との交流」(14.8.21)\r\nアントニオ猪木氏記者会見「北朝鮮との交流」(14.8.21)\r\n\r\nアントニオ猪木は北朝鮮の拉致問題をなぜ北朝鮮に都合良く解釈するのか? \r\nアントニオ猪木は北朝鮮の拉致問題をなぜ北朝鮮に都合良く解釈するのか?\r\n\r\n\r\n\r\n参考\r\n\r\nアントニオ猪木 日本を元気にする会の党名変更を示唆”改善の余地あり\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/412552646.html\r\n\r\nアントニオ猪木:松田公太氏ら4人の参院議員と新党結成\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/411968925.html\r\n\r\n[次世代の党] 幹事長に松沢成文氏 平沼党首の続投確認 アントニオ猪木が提出した離党届の扱いは協議\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/411324966.html\r\n\r\n[次世代の党] 沖縄県のFM放送で「元気ですか! アントニオ猪木の次世代道場」提供\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/408630083.html\r\n\r\n政府がダメなら俺が北朝鮮に行く!猪木が拉致問題に“闘魂外交”宣言\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/406935567.html\r\n\r\n猪木 次の仰天構想は「マドンナ招聘」\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/404757344.html\r\n\r\n猪木、北朝鮮で「1、2、3、ダー!」\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/404540552.html\r\n\r\n【ノーカット動画】「拉致だけにとらわれるな」アントニオ猪木会見\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/404123054.html\r\n\r\n真実の北朝鮮、アントニオ猪木が激白 生活やエンタメの水準が劇的向上?韓流ドラマも\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/403700098.html\r\n\r\nアントニオ猪木が、金正恩からマドンナ招聘を依頼されてた\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/402833811.html\r\n\r\n猪木、北朝鮮を「近くて近い国」に 平壌でプロレス大会\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/401286461.html\r\n\r\n平壌でプロレス大会開催へ 8月末、猪木が実行委員長!テコンドーの演武も予定!\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/397393007.html\r\n\r\n\r\n\r\n関連\r\n\r\nマドンナは、レディー・ガガと同じフリーメーソンやイルミナティのサタニスト?\r\nhttp://hazukinoblog.seesaa.net/article/403900036.html","@context":"https://schema.org","dateModified":"2015-04-01T22:02:08+09:00","mainEntityOfPage":{"@type":"WebPage","@id":"http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416631013.html"}}

2015年04月01日

アントニオ猪木 「UFOに緊急発進は?」予算委で質問

アントニオ猪木 「UFOに緊急発進は?」予算委で質問

猪木参院議員:「UFOに緊急発進は?」予算委で質問
http://mainichi.jp/select/news/20150402k0000m010037000c.html
毎日新聞 2015年04月01日 19時48分(最終更新 04月01日 20時12分)

日本を元気にする会のアントニオ猪木参院議員は1日の参院予算委員会集中審議でUFO(未確認飛行物体)を取り上げ、「考え方を変えれば何かが領空侵犯をしていることになる。今までに(自衛隊が)スクランブル(緊急発進)をかけたことはあるか」と質問した。

 猪木氏はブラジルに住んでいた少年時代に「光ったものがすうっと地平線に消えた」という体験談も交えながら、しばしUFO論に熱弁を振るった。

 これに対し、中谷元防衛相は「必要に応じて戦闘機を緊急発進させ、鳥など航空機以外の物体を発見することはある」と答弁したが、肝心のUFOについては「地球外から飛来したと思われる未確認飛行物体を発見した事例は承知していない」と否定した。政府は2007年に「UFOの存在を確認していない」という答弁書を出したことがある。【笈田直樹】


アントニオ猪木・UFO.PNG



日本を元気にする会のアントニオ猪木は1日の参院予算委員会集中審議でUFO(未確認飛行物体)を取り上げ、「考え方を変えれば何かが領空侵犯をしていることになる。今までに(自衛隊が)スクランブル(緊急発進)をかけたことはあるか」と質問した。
参議院予算委員会の動画が見付かったので、見ていますが、「元気ですか?」と言いそうになっていますね。
UFOの次は、ノーベル平和賞を受賞したマララさんの話に移ります。
しかし、誰が、猪木に投票したのでしょうかね。
エイプリル・フールということで、UFOから始まったのでしょうか。
エイプリル・フールなので、「安倍首相をびっくりさせようと思った。」と話していますね。



アントニオ猪木(日本を元気にする会)【参議院 国会中継】予算委員会 平成27年4月1日


なぜアントニオ猪木は北朝鮮との関係にこだわるのか
http://matome.naver.jp/odai/2137225878712286601




アントニオ猪木氏記者会見「北朝鮮との交流」(14.8.21)


アントニオ猪木は北朝鮮の拉致問題をなぜ北朝鮮に都合良く解釈するのか?




参考

アントニオ猪木 日本を元気にする会の党名変更を示唆”改善の余地あり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412552646.html

アントニオ猪木:松田公太氏ら4人の参院議員と新党結成
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411968925.html

[次世代の党] 幹事長に松沢成文氏 平沼党首の続投確認 アントニオ猪木が提出した離党届の扱いは協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411324966.html

[次世代の党] 沖縄県のFM放送で「元気ですか! アントニオ猪木の次世代道場」提供
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408630083.html

政府がダメなら俺が北朝鮮に行く!猪木が拉致問題に“闘魂外交”宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406935567.html

猪木 次の仰天構想は「マドンナ招聘」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404757344.html

猪木、北朝鮮で「1、2、3、ダー!」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404540552.html

【ノーカット動画】「拉致だけにとらわれるな」アントニオ猪木会見
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404123054.html

真実の北朝鮮、アントニオ猪木が激白 生活やエンタメの水準が劇的向上?韓流ドラマも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403700098.html

アントニオ猪木が、金正恩からマドンナ招聘を依頼されてた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402833811.html

猪木、北朝鮮を「近くて近い国」に 平壌でプロレス大会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/401286461.html

平壌でプロレス大会開催へ 8月末、猪木が実行委員長!テコンドーの演武も予定!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397393007.html




関連

マドンナは、レディー・ガガと同じフリーメーソンやイルミナティのサタニスト?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403900036.html
posted by hazuki at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本を元気にする会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック