2015年03月31日

「週刊アスキー」が紙媒体の刊行停止、デジタルに完全移行 動画コンテンツにも注力

「週刊アスキー」が紙媒体の刊行停止、デジタルに完全移行 動画コンテンツにも注力
http://www.j-cast.com/2015/03/31231805.html
2015/3/31 14:06

KADOKAWA傘下のアスキー・メディアワークスは2015年3月31日、パソコン雑誌「週刊アスキー」を5月26日発売号で刊行を停止させ、6月から電子版に完全移行させると発表した。同時に同誌のネットメディア「週アスPLUS」を「週刊アスキー」に改名する。

電子版は紙媒体の誌面デザインを踏襲しつつ、デジタルの利点を生かして発行間隔を自在に調整、即時性を高める。「週アスPLUS」についてはスマートニュースやグノシー、Yahoo!ニュースなど外部サービスとの連携を一層強化する。

さらには動画コンテンツにも注力、YouTube、niconicoなどネットの生中継サービスも活用する。niconicoでは、現在のチャンネル「週刊アスキーチャンネル」を「ニコニコ週刊アスキー」に改名し、発表会解説番組などを放送する。テレヒ?放送への番組提供も視野に入れている。

国内唯一の週刊パソコン誌である同誌は1989年、月2回刊行の雑誌「EYE-COM」(アイコン)として発刊。97年の週刊化の際、現在の誌名に変更された。一般社団法人日本雑誌協会の調査によると2014年10〜12月の発行部数は約9万6000部だった。




KADOKAWA傘下のアスキー・メディアワークスは2015年3月31日、パソコン雑誌「週刊アスキー」を5月26日発売号で刊行を停止させ、6月から電子版に完全移行させると発表した。
同時に同誌のネットメディア「週アスPLUS」を「週刊アスキー」に改名する。
週刊アスキーが紙媒体の刊行停止します。
ネットの週アスPLUSが週刊アスキーとなるようです。
さよなら、紙の週刊アスキー。
完全に電子版になるのですね。



週刊アスキーよりお知らせ
週刊アスキーは
「完全ネット/デジタル化」によって最強になります
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/319/319713/
ラベル:週刊アスキー
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | IT・情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック